このページの本文へ

BladeSymphonyの小型高集積モデル「BS320」にも新製品

日立、PCサーバーHA8000シリーズにXeon E5-2400搭載モデル

2012年05月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月29日、日立製作所は日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」にてXeon E5-2400ファミリー搭載のサーバー新製品8機種、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」の小型高集積モデル「BS320」の新製品を発売すると発表した。

大容量ストレージの搭載が可能な新サーバー「HA8000/RS220-s」

 新サーバーでは、内蔵ストレージのRAID1の構築・設定作業を容易にする「Hitachi RAID Navigator」のプレインストールなど、システム導入・運用時の容易性を向上。併せて、サーバーの仮想化やクラウド、大量データを扱うシステムなどのシステム基盤に求められる処理性能とメモリ容量、ストレージ容量を強化しているという。

システム搭載コア数が従来比2倍の最大8コアになったタワーサーバー「HA8000/TS10-h」

 具体的には、

  • サーバーの仮想化やクラウド、ビッグデータ利活用のニーズ拡大に対応し、従来モデルの約3.2倍となる最大37.8TBの大容量ストレージを内蔵した2プロセッサーモデル「HA8000/RS220-s」
  • システム搭載コア数を2倍の最大8コア、メモリ容量を3倍の最大96GBに強化した1プロセッサーモデル「HA8000/RS110-h」「HA8000/TS10-h」
  • ストレージ容量とシステム可用性を強化したネットワークストレージサーバー「HA8000/NS220-s」

の4モデルを新たに製品化。また、2プロセッサーモデル「HA8000/RS220」「HA8000/RS210」「HA8000/TS20」、ネットワークストレージサーバー「HA8000/NS220」の性能を強化した。

ブレードサーバー「BS320」にも最大メモリ容量が2倍となる新モデルが登場する

 また、BS320の新製品は、Xeon E5-2400ファミリーを採用により処理性能が向上しているほか、2010年3月発売の従来製品と比べメモリ容量が2倍の最大384GBまで拡張可能となり、サーバーの仮想化への対応を強化したという。

日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」の新製品スペック

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ