このページの本文へ

PS3やPS Vitaから番組視聴や録画予約が可能

torneの次は、地デジ/BS/CS対応のNAS型レコ「nasne」

2012年04月17日 16時15分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PlayStation 3やPS Vita、VAIO、Sony Tabletなどと組み合わせて利用できる、地上/BS/110度CSデジタルチューナー内蔵のネットワークレコーダー「nasne」を発売する。発売日は7月19日で、価格は1万6980円。HDD容量は500GBだが、nasneのUSB 2.0端子に外付けHDDを接続することも可能。

PS3からコントロールできるテレビチューナー付きのNASと言える「nasne」

 nasneは、地デジチューナー、BS/110度CSチューナーをそれぞれ1基ずつ搭載し、単体でもテレビ番組の録画ができるネットワークHDD(NAS)だ。録画データをそのまま記録するDRモードのほかに、3倍録画モードも用意されている。「Gガイド.テレビ王国CHANTORU」を用いたインターネット経由での録画予約も可能。

 ただし、HDMI端子やビデオ出力などはnasne側には用意されていないので、番組視聴や録画予約はPS3やPS Vita、VAIOなどの対応機器から行なう。また録画だけでなく、放送中のテレビ番組のライブ配信・視聴にも対応している。

発売は7月19日。2.5インチHDDを搭載し、本体サイズは約43×189×136mmとコンパクトだ
USB端子も用意されており、HDDを追加できる

torne+nasneを4台接続することで
PS3で5番組同時録画が可能

 クライアント側の端末によって、可能な機能は若干異なる。

 まず、PS3用には専用クライアント「torne ver4.0」がnasneに同梱される。すでに発売されている地デジ録画キットの「torne」もこのtorne ver4.0からコントロールでき、torne 1台+nasne 4台の最大5番組同時録画が可能だ。

 PS Vitaには、年内に「torne for PS Vita」(仮称)がリリース予定。無線LAN経由でnasneにアクセスし、番組視聴や録画予約だけでなく、nasneでの録画時にPS Vita用の書き出し用ファイルを作成可能で、PS Vitaのストレージにコンテンツをダビングできる。

 VAIOには、nasne発売時に「VAIO TV with nasne」(ベータ版)が無償で提供される。LAN経由での番組視聴や録画予約のほか、nasne内の録画データをHDDやBDにダビングすることにも対応する。またVAIOからは8台のnasneを登録でき、最大8番組同時録画が可能だ。

 nasneの番組配信はDTCP-IPを用いており、リリース内ではSony Tabletのほか、Xperiaシリーズの一部端末でも番組視聴が可能であるとされている。詳細はいずれも後日発表予定だ。

nasneのリリースから。Ver.1.50で対応するというこの機能は一体何なのだろうか? という点も含めて、詳細の発表に期待!
ソニーストア

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン