このページの本文へ

突然の雨に備えろ! スマホ用防水ケース9本連続ノック

2012年04月10日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サンコー V-Lock IPWPCSVL

 筆者がお風呂で愛用する防水ケース。サンコーレアモノショップで取り扱っており(こちら)、価格は2480円。製品ではiPhone 4対応になっているが、iPhone 4Sでも使える。IPX5で数秒の水没まではOKで、基本は防滴レベルだと思っておくといい。重量は63gと軽いので、そのまま保護ケースとしても運用可能なのが便利だ。開閉はネジ式になっている。やや誤タッチが生じやすく、水没させた状態でもタッチパネルは反応するが、IPX5ということを考えると、あまりそういう用途は考えないほうがいいだろう。なお、本体とがっちりセットされてしまうため、外すときがやや面倒かも。

ベゼルの盛り上がりで好みがわかれそうだが、巨大にならないため、キズから守る目的でも使える

背面のネジ×3を回転させてロックを解除。コインが妥当だろう。写真でドライバーを使用しているのは、コインがなかったため

セットしているところ。ガッチリとホールドされる

背面はクリアパーツ

操作できるのはホームボタンとタッチパネルのみ。また通話やインカメラもOKだ

取り外すときは、タッチ面をちょっと押す。フィルムが剥がれそうでちょっと怖い

ケースを付けた状態での写りは上々だ

使用例

 IPX5なので水をぶっかけたあと、勢いよく水没させて即回収してみた。動作に問題ナシだ。


LifeProof Japan LifeProof Apple Cases

 IP68と今回のチェックグッズ群の中で最高品質を謳う防水・防塵・耐衝撃ケースで、かつ最も薄く、ちょっとごついiPhone用ジャケットと変わらない見た目を持つ。LifeProof Japanの直販サイトで取り扱っている(こちら)。

 iPhone 4/4S両対応なのはありがたいが「ほんとに大丈夫?」と不安になった製品だったが、実際には8800円の高級価格に見合うものだった。普段使いを強く意識しており、ネジ式のヘッドホンジャックカバー、全ハードウェアスイッチ使用可能、そのまま充電可能と隙がない。水中ではタッチパネルは一切反応しないが、普段から愛用するケースとしては、今回紹介している防水アイテムの中でもっとも優秀だと感じた。

ウェブサイトで見て、いわゆる防水グッズとは思えないくらいコンパクトだったので、気になっていたのだ

構造はシンプルでサンドイッチするタイプ

タッチ面のあるほうにセットして、フタをする

フタをしたらヘッドホンジャックカバーをしっかりと閉める

ツメが堅いため、両手で閉めていくのがオススメ

ハードウェアスイッチはすべて使用可能だ

イヤホンケーブルも付属している。オプションで防水イヤホンが発売されているため、水中でも使用可能ということか

ケースを付けた状態でのショット。ほぼ無保護状態の絵と変わらない

使用例

 単純に水没させてみた。空気漏れもなく、IP68の通りといったところか。水中ではタッチパネルが反応しなくなるが、ボリュームスイッチでシャッターを切れるので、水中撮影用としてはもっとも見た目がいい防水グッズだろう。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン