このページの本文へ

90年代にThinkPadの開発やブランディングに参加

レノボ・ジャパン新社長に日本IBM出身の渡辺朱美氏が就任

2012年04月03日 06時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは2日、4月1日付けで、代表取締役社長のロードリック・ラピン氏が代表取締役会長に、取締役社長に渡辺朱美氏が就任したことを発表した。

レノボ・ジャパン取締役社長に就任した渡辺朱美氏

 渡辺朱美氏は、日本アイ・ビー・エム出身。執行役員としてハードウエア事業、アライアンス事業、インサイド・セールス事業などを歴任した。1990年代にはThinkPadの開発やブランディング活動に携わった経歴を持つ。

カテゴリートップへ