このページの本文へ

レノボ、23億ドルでIBMの企業向けサーバー事業を買収へ

2014年01月23日 21時50分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米IBMが現地時間の1月23日、レノボが米IBMの企業向けサーバー「x86サーバー」事業を買収する計画について、約23億ドル(約2400億円)で最終合意に達したことを明かした。

 買収の内容には「System x」「BladeCenter」「Flex System」「ブレードサーバーとスイッチ」「iDataPlex」なども含まれる。メインフレームシステムの「System z」やデータベースプラットフォーム「PureData System」などは、引き続きIBMが提供する。

 IBMによれば、今回の買収計画の最終合意は、「IBMのPC事業をLenovoが買収した2005年に始まった長期にわたる協力関係をもとに成り立って」いるという。x86サーバーに関する保守業務については、買収完了後もIBMが担い、一定期間の経過後レノボに移管する。このためIBMでは「保守サポートを受けるユーザー側への影響はほとんどない」としている。

 買収に合わせ、世界各国のおよそ7500人のIBM従業員にはレノボでの雇用が提示される。レノボの会長兼CEOの楊元慶氏は、今回の買収について「今回の合意は、採算の取れる成長の促進と当社のPC Plus戦略の拡張に役立つビジネスに、当社が積極的に投資を行っていることを実証するもの。当社はこのビジネスの長期的成長を成功させられると確信している」とコメントしている。

当初、記事タイトルが間違っておりました。修正してお詫びいたします。(2013年1月23日)


カテゴリートップへ