このページの本文へ

「Master'sONE セキュア・インターネットVPN -High Speed」

NTTPC、フレッツ光のIPv6接続を使ったVPNサービス

2012年03月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月22日、NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)はフレッツ 光ネクストのIPv6接続を利用したVPNサービス「Master'sONE セキュア・インターネットVPN -High Speed」を発表した。同日よりトライアルサービスを開始し、6月25日より正式サービスに移行する。

「Master'sONE セキュア・インターネットVPN -High Speed」の利用イメージ

 これは、フレッツ 光ネクストの内部ネットワーク(NGN)を利用し、インターネットを経由せずに拠点間を接続するWANサービス。レンタルルーターから上流はIPv6が使われるが、ユーザー拠点側はIPv4が利用可能だ。

 NTTPCの従来サービスに比べ、7倍程度の帯域設計を行なっているという。また、NTTPCネットワーク網、フレッツ 光ネクスト、ルーターまでを含むネットワーク全体の稼働率を99.99%とするSLAを用意する。

 導入にあたっては、NTTPCがフレッツ 光ネクストやレンタルルーターの手配を代行。故障発生時は、NTTPCが故障原因(NTTPCネットワーク網、フレッツ 光ネクスト、ルーター)の特定を行ない、サービス復旧を行なう。故障受付は、24時間365日対応となる。

 6月25日からの正式サービスの価格は、「フレッツ 光ネクスト」ファミリータイプを利用する標準的なタイプで、初期料金が9万9750円、月額料金が2万6565円。LTEを利用した高速バックアップ機能、異なるキャリアをアクセス回線に用いたバックアップメニューも提供予定だという。

カテゴリートップへ

ピックアップ