このページの本文へ

Adobeが本気で作ったiPad 2用Photoshop Touchで遊んでみた

2012年02月28日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

切り抜きにスタンプも楽々!

 ここからは実際の使用シーンを想定して、使い方を見ていこう。例えば「人物だけ切り抜いて、異なる写真に合成する」のも、Photoshop Touchなら簡単だ。自動的に輪郭を拾ってくれる「マジックワンド」のほかに、視覚的にわかりやすくなったマスク機能を備えている。

まずは「切り抜き」から見てみよう。ツールから「Scribble Selection Tool」を選んで、「Keep」をタップしてから人物の輪郭をなぞる次に「Remove」をタップして、また輪郭をなぞると、だいたい人型の選択範囲が作成される。操作にまだ慣れていなかったので、帽子のあたりに選択漏れがあるが、ジャストに輪郭をなぞるよりも少し大きめにしておくと、自動的に補正がある程度働く
続いてツールの右から4番目のアイコンをタップして「Refine Edge」を選択すると、この画像のようになる。マスクする部分の微調整ができて、これすごく便利選択範囲だけを新規レイヤーとして作成も可能。レイヤーの「+」をタップして「Layer from Selection」を選ぶだけ。あとは元のレイヤーを非表示にすると、写真のように合成ができる
次にスタンプ。似た部分のパーツをスタンプして、主に人物だとか見えちゃマズイものを隠すときに愛用されるツールだが、これもPhotoshopそのまま。こちらの画像が元写真。下準備として投げ縄ツール(画面左)で、余分なところには影響がないようにしているスタンプ処理後の画像。スタンプツールで男だけ隠した状態にできた

補正機能もバッチリ!

 写真加工で必須となる補正機能も、ほぼPhotoshopと同じだ。レベル補正にトーンカーブ、カラーバランスなどおなじみの機能がある。「Adjustment」にはイメージのわかるサムネイルも表示されるため、だいたいこんな機能というのがわかりやすいのもいい。

チュートリアルから看板の赤色を変更する手順を例に、補正機能の一例を見てみよう。すごーく地味だが、「Tolerance」など数値入力時は専用のテンキーが表示されてステキ。この画像はマジックワンドでサクッと選択する直前こちらは選択した状態。「O」と「P」の内側が未選択だが、ツールの「Mode」を「+」にすると追加選択できる。いわゆる“Shift+クリック”
選択した状態で「Adjustment」を開いて、「Color Balance」をタップ「O」の内側を選択し忘れたが、プレビューをチェックしながら色の変化を確認できる。色が決まったら「Apply」をタップで完了だ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中