このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Adobeが本気で作ったiPad 2用Photoshop Touchで遊んでみた

2012年02月28日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

次は写真で遊んでみた。当然、フィルタの重ねかけが可能なので、パソコン版同様に遊べてしまう。写真は「Pencil」で色を黄色にして、イラスト調にした状態

これは左の画像を元写真に重ねた状態。窓ガラスの明かりを黄色くできる。こんなのがあっさりとできるので、SNSへの写真投稿が楽しくなりそうだ

さらに「Adjustment」の「Curves」で、写真の調子を変更

いじった雰囲気がしっくりこなかったので、Adjustmentの「Shadows/Highlights」でハイライトを調整

あとはブラシ周りが強化されると完璧?
Adobeにしては安いから買っとけ!!

 Photoshop Touchではブランク状態での新規ファイル作成ができないし、ブラシ機能も貧弱で、イラスト描きには向かないのかと思っていた。例えばブラシはエアブラシ的な形状と、エンピツ的な形状の選択のみになっている。ここはいずれバージョンアップされるのだろうか? 「iPadでイラストを描く」という点で言えば「SketchBook」という人気アプリがあるので、「イラストやってみるぜ!」という人は、イラスト描きをそちらに任せて、アフターエフェクトをPhotoshop Touchでというスタイルがいいだろう。

ブラシの調整は、「Flow」と「Opacity」の数値を調整するか、ピンチイン/アウトで行なう。ブラシコピーやブラシの作成ができると熱いアプリになりそうだ

 iPad用アプリの水準からすると価格は高めなPhotoshop Touchだが、Adobe製品のイメージからすると安め。最初は「微妙なアプリじゃないのか?」と思っていたのだが、触ってみたら鉄板アプリ以外の何物でもなかった。すでにPhotoshopと戯れている人はスムーズに活用できるし、「Photoshopは苦手」「初めて」という人も、チュートリアルできちんと操作を覚えられる。Adjustmentやエフェクトの組み合わせで表現は無限大。あれこれ試しながら楽しめてしまういいアプリだ。iPad 2ユーザーはぜひお試しあれ。

筆者紹介――林 佑樹

 フリーランスの編集・ライター、どきどきフォトグラファー。
 編集氏に「軽くでいいよ」と言われたのだが、遊んでいるうちにだいぶ長い記事になってしまった件について。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中