このページの本文へ

風力発電を利用したコンテナ型データセンター

東北の風で発電するDC、NTTファシリティーズが実験

2012年02月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月6日、NTTファシリティーズは風力発電を利用したコンテナ型データセンターの実証実験を1月31日に開始したと発表した。

実証実験に使うコンテナ型データセンター

 この実証実験は、青森県の協力を得て青森県六ヶ所村(むつ小川原開発地区)にて始めたもので、

  1. 風力発電由来の電力利用に関する技術検証ならびに高電圧直流給電システムとの連携技術の検証
  2. 直接外気冷房に関する運用技術の検証

を目的に、2013年3月まで実施する。

 目的の1については、持続可能なエネルギー源である風力発電による電力を適切にデータセンターで活用するために必要とされるシステム構成や運用ノウハウを検討、検証。また、同社が2011年11月より販売している「高電圧直流(High Voltage Direct Current:HVDC)を用い、さらなる高効率かつ安定的な電源の追求に向けて風力発電由来の電力と連携したHVDC給電システムを構築し、技術検証を実施するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ