このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Tegra 3搭載タブレット Transformer TF201は21日発売!

2012年01月20日 17時21分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Eee Pad TF201

 ASUSTeKは20日、世界初の「Tegra 3」プロセッサー搭載Androidタブレット「Eee Pad TF201」を、1月21日から発売すると発表した。価格は6万9800円。

 TF201は、海外では「Transformer Prime」の名で呼ばれる製品で、2011年に発売された同社のAndroidタブレット「Eee Pad Transformer」(TF101)の後継となる、合体ギミック搭載のタブレットである。付属の「モバイルキーボードドック」と合体させることにより、ノートパソコン並みのキーボートとドック側の追加バッテリーにより、パソコン風の使い方も快適にこなせることが魅力の製品だ。「アメジストグレー」と「シャンパンゴールド」の2色の本体カラーバリエーションが用意される。

TF201は2色のカラーバリエーション展開を用意。左が「アメジストグレー」、右が従来と同じ「シャンパンゴールド」

 先述のように、TF201はプロセッサーとして、NVIDIAの最新クアッドコアプロセッサーTegra 3を採用。クアッドコア+GeForce GPUによる快適な処理性能とバッテリー駆動時間を誇る。メインメモリーは1GB、内蔵ストレージは約64GBと、初代機の2倍に増えている。ASUSTeKでは競合他社製品と比べた際の、処理性能の高さを強調。また従来のTegra 2では困難だった、フルHD動画のコマ落ちのない再生も可能としている。

Tegra 3。1円玉より一回り小さい程度のサイズ
TF201のパフォーマンスを他機と比較したグラフ。ウェブブラウジングの速度は2倍速い同じくファイル処理速度は3倍速いグラフィックス性能は4倍速いという。実際にゲームを動作させても非常に快適だ
TF201のHDMI出力は3Dステレオ表示出力にも対応。Tegra 3のパワーを生かした3Dゲームを、3D表示対応テレビで楽しめる

 TF201のバッテリー駆動時間は、タブレット単体で約12時間、ドックとの合体状態では約18時間という長時間駆動を実現しているという。タブレット単体の重さは約586gと、iPad 2並み。ドックとの合体状態は約1.1kgとなる。

ドック部分も薄く、閉じた状態でも19.4mmとUltrabook並み

 タブレットのディスプレーはIPS液晶パネルを採用し、サイズは10.1型ワイド・1280×800ドット。パネル表面を強度に優れたGorillaガラスで保護している。カメラはインカメラに120万画素、アウトカメラに800万画素(LEDフラッシュ付き)の2つを、タブレット側に装備。フルHD解像度の動画撮影も可能としている。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン