このページの本文へ

DC380V対応のExpress5800/SIGMABLADE-M登場

NEC、高電圧直流(HVDC)給電対応のブレードサーバー

2011年12月16日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月15日、NECは高電圧直流(HVDC)給電システムに対応したブレードサーバー「Express5800/SIGMABLADE-M(DC380V対応)」の販売開始を発表した。

HVDC給電システムに対応の「Express5800/SIGMABLADE-M(DC380V対応)」

 Express5800/SIGMABLADE-M(DC380V対応)は、小・中規模向けブレード収納ユニット「Express5800/SIGMABLADE-M」の筐体内に、NECが開発した筐体内蔵型でDC380Vに対応する電源ユニットを搭載したモデル。外部の高電圧直流給電システムから、DC380Vで直接の受電が可能となっている。これにより、従来必要だった交流(AC)と直流(DC)の変換で生じる電力の無駄を削減できるという。

 具体的には、従来の交流給電(AC100~200V)方式と比べて、電源設備を含めたデータセンター全体の消費電力を最大20%削減可能としている。

 すでに製品化済みのHVDC 380V対応ストレージ「iStorage Mシリーズ」と組み合わせることにより、サーバーとストレージ双方でHVDC 380V給電に対応したシステムが構築できる。給電方式を統一することで、データセンターにおける電源設備を集約でき、設備投資や電力コストの削減が可能になる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ