このページの本文へ

情シス高橋、NECサーバー+Hyper-Vに行き着く

情シス高橋、NECサーバー+Hyper-Vに行き着く

仮想化や省エネ、災害対策などを考慮したサーバー選びに頭を悩ませているAMW社の情シス高橋。そんな情シス高橋が行き着いたのが、「NECサーバー+Hyper-V」という仮想化ソリューション。果たして、どんなメリットがあるのだろうか? そして、性能や省エネなどの実力はいかに?

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

NECサーバー+Hyper-Vの魅力

  • JV4

    ベンチマークでわかった仮想化の高い集約効果

    性能や省エネは?NECサーバー+Hyper-Vの実力に迫る

    Hyper-Vの仮想化によって、既存の社内サーバーをNECのラックマウント型サーバー1台に集約すべく、古巣のSIerに検証を委託した情シス高橋。サーバーの集約でアプリケーションの性能は落ちないのか、省エネは可能なのか? さっそく見てみよう。

    2012年06月28日公開

  • HV3

    サーバー統合&リプレースプロジェクトに異状あり!

    仮想化、省エネ、災害対策まで!サーバー選びは課題満載

    サーバーの保守切れ・陳腐化に対応すべく、サーバー統合&リプレースプロジェクトを担当するAMW社の情シス高橋は、仮想化によるサーバー集約を目論んでいる。そんな中、震災の影響でサーバーのリプレースにおいては省エネや災害対策まできちんと検討しなければならなくなった。

    2012年06月26日公開

進化を止めない!NECサーバー「Express5800シリーズ」

  • ishikari

    外気冷却、HVDCなどの取り組みを徹底レポート

    最新技術の実験場「石狩データセンター」のすべて

    さくらインターネットが11月に開所した石狩データセンターは、外気冷却やHVDCの実証実験など最新の省エネ技術を盛り込んだ郊外型データセンター。「日本のITコストを押し下げる」という大きな目標を掲げた同データセンターの詳細やコスト削減への取り組み、省エネを支える技術などを総ざらいする。

    2011年12月19日公開

  • NEC

    価格だけじゃない!オフィスで必要なサーバーの要件とは?

    NECが考える今必要なオフィスサーバーの姿

    中堅・中小企業の多くが導入するタワー型の現場置きサーバー。オフィスの片隅で、日々の業務を支えるこうしたサーバーにも、省エネ・省スペースや仮想化の波が訪れている。今、日本の企業で本当に必要なオフィスサーバーとはなにか? オフィスサーバーのパイオニアであるNECと考えてみた。

    2011年09月01日公開

  • NEC3

    NECのAtomサーバー「Express5800/E110b-M」の実力を探る

    クラウド時代を「Express5800/ECO CENTER」で乗り切れ!

    クラウドコンピューティングの時代を迎え、データセンターでは増え続ける電力消費と熱の問題が大きな課題になりつつある。こうした課題を解決すべくNECが投入した新世代のデータセンターサーバーが「Express5800/ECO CENTER」である。本企画では、Atomプロセッサー搭載の「Express5800/E110b-M」を中心に、製品概要とそのテクノロジー、レンタルサーバー事業者の声、そして気になるパフォーマンスをじっくり見ていきたい。

    2010年09月15日公開

この特集の記事