このページの本文へ

NOD32シリーズの最新版 ESET Smart Security V5.0が発表

2011年11月16日 14時11分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ESET Smart Security V5.0(新規)ESET NOD32アンチウイルス V5.0(新規)

 キヤノンITソリューションズは16日、ESET(イーセット)社が開発する総合セキュリティーソフト「ESET」シリーズの最新版「ESET Smart Security V5.0」と、ウイルス対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス V5.0」を発表した。発売日は12月15日の予定。

ESET Smart Security V5.0のメイン画面。新機能のペアレンタルコントロールが見える

 NOD32と言えば、シマンテック・トレンドマイクロ・マカフィーの3大メジャーほどの知名度はないが、パフォーマンスを重視するベテランユーザーには根強い人気を誇るセキュリティーソフトである。新しいV5.0は「動作の軽快さ」をさらに重視した製品で、ベンチマークソフト開発会社のPassMark社によるテストや、事前のモニター調査でも高評価を受けたとしている。

豪PassMark社のテストでも、NOD32は最も高い評価を受けたとしている

 ESET社CEOのリチャード・マルコ(Richard Marko)氏は製品説明会にて、V5.0の特徴として、まず新しいクラウドベースの技術「Live Grid」を挙げた。他社製品のクラウドベースがデータベースの延長線上にあるのに対して、ESETのLive Gridはクラウド側でAI技術を活用して、ユーザーから送られてくるデータを分析、安全なデータと危険なデータの判断に活用していると述べた。

 また新機能として、ゲーム中のポップアップ通知を一時的に停止する「ゲームモード」(セキュリティー機能は継続動作)。任意のプロセスやレジストリ、ファイルなどに対する変更の可否を設定できる「HIPS」(ホスト型侵入防止システム)。USBメモリーなどリムーバブルメディアの自動スキャン機能などを搭載している。さらにSmart Securityには、ユーザーアカウントごとにホワイト/ブラックリストを用いてウェブアクセスをブロックできる、ペアレンタルコントロール機能も搭載された。

ペアレンタルコントロール機能の設定画面。アカウントを選んで設定する

 製品ラインナップは豊富で、パッケージ製品でも新規ユーザー向けのほか、更新用や追加用、さらにSmart Securityには「3年1ライセンス」の5万本限定パック(9800円)などが用意される。またNOD32のパッケージ版は、WindowsとMac OS Xのいずれかで利用できる日本限定版となっている(Mac OS X版はESET Cybersecurityとなる。5PC版はWindows/Mac合わせて5台まで)。

 対応OSはWindows 7/Vista(全エディション、32/64bit)/XP Home Edition(32bitのみ)/XP Professional(32/64bit)/2000(32bitのみ)、Windows Home Server 2011(NOD32のみ)。製品ラインナップと価格は以下のとおり。

ESET Smart Security V5.0

製品名 価格
パッケージ製品
Smart Security V5.0 新規 6800円
同 追加 4800円
同 更新 3400円
同 3年1ライセンス 9800円
同 5PC 1万8400円
同 5PC 更新 1万4000円
ダウンロード製品
ダウンロード1年版 オープンプライス
ダウンロード3年版
ダウンロード3PC版
1年間更新費 3000円
3年間更新費 6000円

ESET NOD32アンチウイルス V5.0

製品名 価格
パッケージ製品
NOD32 V5.0 Windows/Mac対応 新規 4800円
同 追加 3480円
同 更新 2980円
同 5PC 1万6980円
同 5PC 更新 9800円
ダウンロード製品
NOD32 V5.0 ダウンロード1年版 3200円
同 1年間更新費 2500円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン