このページの本文へ

日本IBMが「IBM Networking OS 6.8.1」を発表

新OSでIBM「G8264」が世界最速を謳うOpenFlowスイッチに

2011年11月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月11日、日本IBMはネットワークスイッチの最上位機種「IBM BNT バーチャル・ファブリック 10Gb G8264」を「OpenFlow(オープンフロー)」に対応させるオペレーティングシステム「IBM Networking OS 6.8.1」を発表した。

OpenFlowへの対応が可能となるIBM最上位のスイッチ「IBM BNT バーチャル・ファブリック 10Gb G8264」

 このスイッチは、10GbE(SFP+)×48ポート、40GGbE(QSFP+)×4ポートを搭載するデータセンター向け製品。40GbEポートをオプションの「ブレークアウト・ケーブル」で分岐することで、10GbEインターフェイスを最大64ポートまで利用できる。発売日は2011年3月で、価格は430万円だ。伝送能力は1.28Tbpsあり、今回発表されたIBM Networking OS 6.8.1を適用することで、OpenFlow対応製品の中で世界最速になるとしている。

 ユーザーは、サーバーにオープンソースまたは商用のOpenFlowのコントローラソフトウェアを導入し、本スイッチに接続することで、OpenFlowに対応したネットワークを構築できるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!