このページの本文へ

年末年始の特番を録りまくる! 今買いのBDレコーダーはコレだ! 第2回

BDレコの買いは10万円前後! 各社の主力モデルをチェック

2011年10月27日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

素早く起動して
しかも省エネというモデルはどれ?

ソニーのスタンバイモード設定(左)と瞬間起動の時間指定(右)

 次は高速起動と待機時消費電力の検証だ。最新モデルの傾向としては、単に高速起動であるだけでなく、高速起動を行なう時間を制限することで待機時消費電力も抑える省エネにも配慮している点にある。

各モデルの消費電力
DMR-BZT810 BDZ-AT950W BD-W1000 DBR-Z150 DVR-BZ450
メーカー パナソニック ソニー シャープ 東芝 三菱電機
消費電力量 約27W 約36W 約32W 約32W 約34W

 高速起動が登場した初期は、電源オンの消費電力とほとんど変わらないほど待機時消費電力が大きく、「これならばずっと電源オンのままとたいして変わらないじゃないか」とさえ思ったものだ。

 ただし、そのために設定は少々複雑になった。従来ならば「高速起動:オン」だけで済んでいたものが、「高速起動:オン」に加えて、「省エネ待機」などの設定を行なう必要が出てしまう。

 購入時に済ませてしまえば済むことなのでたいした問題ではないが、最近は出荷時状態で高速起動を使う設定になっていることが多いので、電気代の節約のため設定を確認したい場合は面倒だし、少々わかりにくいと感じた。

モード別起動時間の比較と待機消費電力
DMR-BZT810 BDZ-AT950W BD-W1000 DBR-Z150 DVR-BZ450
メーカー パナソニック ソニー シャープ 東芝 三菱電機
高速オン 2.25秒
約4.4W
1秒以下
約20W
2.25秒
約24W
1秒以下
約18.4W
1秒以下
約26W
高速オフ 25秒31
約2.9W
22秒7
約0.19W
15秒27
約0.7W
18秒21
約1W
1秒以下
約11.7W
省エネ 18秒11
約0.03W
46秒62
約0.07W
15秒46
約0.2W
62秒01
約0.04W
9秒36
約0.2W

 まず、高速起動モードのオン/オフと待機時の省エネモードの組み合わせによる消費電力の変化を表にまとめてみた。起動時間はそれぞれ3回計測した平均値、消費電力は各社のカタログスペックから引用している。

東芝の待機設定と瞬速起動の設定

東芝の待機設定と瞬速起動の設定

 高速起動:オンでの起動時間を見ると、1秒以下の“超高速起動”を採用しているメーカーとそれ以外の差がはっきりと出た。ただし、起動時間2秒台というのは実用上全然問題ない。

 そして超高速起動では、当然ながら待機時消費電力にもはっきりと差が出ている。

パナソニックのクイックスタート設定(左)とクイックスタートモード設定(右)

 次に高速起動オフの起動時間(パナソニックのみ、クイックスタート「入」×省エネ待機)では、シャープが比較的速く待機時消費電力も1W以下とかなり優秀。最速は三菱で超高速起動を採用する以前から、高速起動が極めて速かったこともあり計測時間に差が出なかった。

三菱の高速起動設定(左)と瞬間電源オンの時間設定(右)

 このあたりは、超高速起動と高速起動の起動時間と待機時消費電力のバランスを見直しても良さそうだ。

 最後は起動時間(省エネ)。これは各社とも最も待機時消費電力が少ないモードで計測している。ざっと見渡すと、やはり待機時消費電力が少ないほど、起動時間も長くなる傾向になる。

 バランスがいい、というか正直驚異的なのがパナソニックの低消費待機。最も省エネでしかも起動時間も約20秒とそこそこに速い。さらに、実際の挙動ではおよそ6秒ほどで放送画面が表示された。

 その後完全に起動するまでそのほかの操作は受け付けないが、テレビ視聴ができるので待たされている感じが少ない。この点もよく出来ていると思う。

 パナソニックの低消費待機は、設定を切り替えることなくリモコンで操作できるのも便利だ。そのため、普段は高速起動オンで使い、就寝時などしばらく使わないときだけ低消費待機で電源を落とすのがもっとも快適で節電効果も高いだろう。

シャープのクイック起動設定

シャープのクイック起動設定

 シャープも本体の電源ボタンを長押しすることで「エコモード」に入るのだが、電源オン時にリモコン操作を受け付けないなど、パナソニックに比べるとやや差を感じてしまう。もちろん、ここでのベストはパナソニックだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン