このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東芝が「REGZA」など年末商戦向け製品群を発表

CEATECで要チェック! 4K2K「REGZA」や8ch録画サーバー

2011年10月03日 21時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4K2K液晶パネル採用の「REGZA 55X3」 4K2K液晶パネル採用の「REGZA 55X3」

 CEATEC 2011を目前に、東芝が4K2Kパネルを搭載した「REGZA 55X3」や多チャンネル録画サーバー「REGZAサーバー」などを発表した。いずれもCEATECで展示される。

4K2Kどころか裸眼3Dにも対応する
CELL REGZA後継機「REGZA 55X3」

フルHDの4倍の解像度となる4K2Kパネルを採用。接写してみたのが右の写真
5つの超解像処理により高精細な映像を実現 5つの超解像処理により高精細な映像を実現
超解像オン(左)とオフ(右)の比較。左のほうが精細感がある

 12月中旬発売の「REGZA 55X3」(予想実売価格90万円前後)は、3840×2160ドットの55V型液晶パネルを採用。画像処理エンジンに「REGZAエンジン CEVO Duo」を採用し、再構成型などの5つの超解像技術を組み合わせた「QFHD超解像技術」により、SDやHDの映像ソースを高精細に表示することができる。

昨年発表の「GL1」と同様に、レンチキュラーシートを採用した裸眼3D表示が可能 9視差の映像表示を行なうが、顔検出カメラにより視聴者の位置を認識し、最適な3D表示を行なう「フェイストラッキング」を新たに搭載した
昨年発表の「GL1」と同様に、レンチキュラーシートを採用した裸眼3D表示が可能9視差の映像表示を行なうが、顔検出カメラにより視聴者の位置を認識し、最適な3D表示を行なう「フェイストラッキング」を新たに搭載した
3D→2Dの切り替えも可能だ 3D→2Dの切り替えも可能だ

 バックライトは240分割(縦12×横20)のエリア駆動が行なえる直下型LEDを採用。加えて、レンチキュラーシート+1画素で9視差を表示する裸眼3D表示にも対応する。

 加えて、同時に最大4台までの外付けUSB HDDの接続が可能で、2番組同時録画が行なえるほか、最長4倍の長時間録画も可能。「レグザリンクシェア」により、録画した番組をDTCP-IP対応機器に配信したり、逆にDTCP-IP機器で配信された映像を視聴したりできる。

 スピーカーを液晶パネル上下の左右端に配置する「センターフォーカスサウンドシステム」により、音像を画面センターに定位させ、自然なサラウンドを実現。さらに合計30W出力のマルチアンプを内蔵することで、鮮やかな音を再現できるという。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン