このページの本文へ

年末年始の特番を録りまくる! 今買いのBDレコーダーはコレだ! 第2回

BDレコの買いは10万円前後! 各社の主力モデルをチェック

2011年10月27日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

らくらくスタートメニュー搭載で
初心者にもわかりやすいソニー「BDZ-AT950W」

ソニー「BDZ-AT950W」。高さ49.5mmと薄い印象の本体。背面にはD端子を搭載する

ソニーは従来通り「クロスメディアバー」をメインメニューに採用。初めて見ると戸惑うかもしれないが、十字キーだけで操作できるので快適に使える

ソニーは従来通り「クロスメディアバー」をメインメニューに採用。初めて見ると戸惑うかもしれないが、十字キーだけで操作できるので快適に使える

大きいアイコン表示でわかりやすい「らくらくスタートメニュー」

大きいアイコン表示でわかりやすい「らくらくスタートメニュー」

黒地に白抜き文字の番組表。色分けジャンル別表示にも対応している。日付の移動は4色カラーボタンで行なえる。そのほかの機能はオプションボタンで操作メニューを呼び出す

黒地に白抜き文字の番組表。色分けジャンル別表示にも対応している。日付の移動は4色カラーボタンで行なえる。そのほかの機能はオプションボタンで操作メニューを呼び出す

 ソニーはクロスメディアバーによる操作メニューがユニークだ。これに加えて、大きなアイコン表示で快適に使える「らくらくスタートメニュー」があり、クロスメディアバーに慣れていない人でもわかりやすい操作で使えるようになっている。操作のレスポンスもスムーズで快適に使えるだろう。

使用頻度の少ないボタンは画面の操作メニューで行なうことにして、ボタン数を削減。すっきりと整理された印象のリモコン

使用頻度の少ないボタンは画面の操作メニューで行なうことにして、ボタン数を削減。すっきりと整理された印象のリモコン

 リモコンはカバーを廃してすべてのボタンが露出している。使う機能にもよるがカバーの開閉は煩雑なので個人的にはうれしい。

 機能性でもパナソニックに次ぐ実力を発揮しており、実用レベルでは差は少ない。マルチ操作などの対応を含めて完成度を高めているのも立派だ。

キーワードやジャンルを設定し、好みの番組だけを集めた番組表を作成できる「My番組表」。充実したデータベースにより、精度の高い検索が行なえるのが魅力だ

キーワードやジャンルを設定し、好みの番組だけを集めた番組表を作成できる「My番組表」。充実したデータベースにより、精度の高い検索が行なえるのが魅力だ

 そんなソニーの特徴的な機能と言えば、自動録画機能「おまかせ・まる録」や、「My番組表」などの多彩な検索機能だろう。

 検索精度が高く、自分の興味のある事柄にマッチした番組探しが快適に行なえる。BS放送のチャンネル数が増加するなど、テレビ放送の多チャンネル化は今後も進んでいく。そうなったとき、自分の見たい番組を的確に探せる機能は大いに役立つだろう。

テレビを見ながらメニュー操作ができる
シャープ「BD-W1000」のモーションガイドが便利

シャープ「BD-W1000」。前面左側にスカパー!HD用ICカード挿入口がある。また、背面左上の黒い出っ張りに無線LANモジュールが内蔵されている

「Wi-Fiコネクト」を利用する場合は有線LAN接続が必要となる

「Wi-Fiコネクト」を利用する場合は有線LAN接続が必要となる

 シャープの特徴はなんと言ってもスカパー! HD内蔵だろう。膨大な専門チャンネルを持つスカパー! HDを快適に録画できるのはありがたいし、スカパー! HDチューナーを内蔵しないそのほかのモデルと比べて割高感がないので、ちょっとスカパー! HDが気になるという人にはうってつけのモデルだ。本機がアクセスポイントになる「Wi-Fiコネクト」機能を備えているのも目新しい部分で、新規に無線LAN環境を整える必要がないというのも経済的だ。

 機能的には大きな不満はないものの、ライバルと比べると多少見劣りを感じてしまった。特にスマホ連携では、リモート予約などへの対応にも期待したい。

画面を縮小して上部と右端に操作メニューを表示する「モーションガイド」。放送中の番組の一覧や、使いたい機能の選択などを番組を見ながら行なえるのが便利だ

画面を縮小して上部と右端に操作メニューを表示する「モーションガイド」。放送中の番組の一覧や、使いたい機能の選択などを番組を見ながら行なえるのが便利だ

EPGはグレー一色でシンプルな印象だが、アイコンによる色分けジャンル別表示も行なえる。またリモコンの「文字サイズ」ボタンで番組表の文字を拡大表示させることも可能だ

EPGはグレー一色でシンプルな印象だが、アイコンによる色分けジャンル別表示も行なえる。またリモコンの「文字サイズ」ボタンで番組表の文字を拡大表示させることも可能だ

 メニュー表示を呼び出してもテレビ視聴が中断しない「モーションガイド」が便利だ。大きな特徴と言えるのは、画面に18もの番組を表示できる録画リスト。一覧性に優れ、ジャンル別やグループ別の表示に切り替えることも可能だ。

 ただし、BDに保存した番組の表示はサムネイルが多いこともあり、多少時間がかかる印象。リモコンは比較的ボタン数が少なく、とっつきやすく感じた。暗い場所でも使える蓄光ボタンを採用しているのもありがたい。

ボタン数は比較的少なめで、使用頻度の少ないボタンは下部のカバー内に収納している。上部のスイッチを切り換えることで同社のテレビ用リモコンとしても使用できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン