このページの本文へ

イベント管理「HP Operations Manager i software 9」が追加

可視化を強化した「HP Business Service Management」

2011年10月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月25日、日本ヒューレット・パッカードは統合運用管理ソリューションの最新版「HP Business Service Management 9(HP BSM 9)」を発表した。出荷開始は11月1日の予定だ。

 これは、構成情報と稼働状況をリアルタイムに可視化し、監視と分析の自動化を促進するという製品。各監視製品から収集されるすべての構成情報を自動集約・分析する運用データベース「ランタイム・サービスモデル」を採用し、集約した構成情報を基に、インフラからアプリケーション、サービスまでのエンドツーエンド構成をリアルタイムに可視化する。

 また、単に構成情報を可視化するだけでなく、ビジネスサービスを構成するコンポーネントの依存関係を含めてデータベース化し、その稼働状況に基づいて、イベント処理やレポーティングを行なう機能も持つ。これにより、きわめて大規模な環境や仮想化での頻発する構成変更に対しても、リアルタイムかつ的確にデータを反映し、運用コストが増えない仕組みを提供するという。

 本ソリューションは、複数の運用管理製品で構成される。新たに加わったイベント管理製品「HP Operations Manager i software 9」は、障害の原因イベントと症状イベントを関連付けし、根本原因となっているイベントを表示する。前述のランタイム・サービスモデルを実装しており、他社の監視製品を含むすべての監視情報を効率的に収集・分析して、トポロジーマップを表示できる。価格は400万円から。

 他に、エージェント型システム監視製品「HP Operations Manager software 9」、エージェントレス型システム監視製品「HP SiteScope software 11」などが用意されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ