このページの本文へ

クラウド型リモートアクセス「ホワイトクラウド ゲートウェイサービス InternetVPN Access」も

ソフトバンクテレコム、企業用オンラインストレージ「PrimeDrive」

2011年08月02日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月1日、ソフトバンクテレコムはクラウド型インターネットVPNリモートアクセスサービス「ホワイトクラウド ゲートウェイサービス InternetVPN Access」、マルチデバイスに対応した企業向けクラウド型オンラインストレージサービス「PrimeDrive(プライムドライブ)」の提供開始を発表した。

「ホワイトクラウド ゲートウェイサービス InternetVPN Access」は、iPhoneやiPadにも対応するリモートアクセスサービスだ

 ホワイトクラウド ゲートウェイサービス InternetVPN Accessは、iPhoneとiPad、在宅勤務時の自宅のPCから、インターネットを経由して社内システムへのセキュアなリモートアクセスを実現するサービス。ソフトバンクテレコムのデータセンター内にあるVPNゲートウェイ機能をクラウド型でご提供することにより、ユーザー側で設備やネットワークの回線帯域を用意することなく導入できる。停電や災害発生時の事業継続計画(BCP)対策に在宅勤務を導入する際にも、インターネットに接続できる端末があればすぐに利用可能だ。

 料金(税込)は、初期費用無料で、月額料金は1アカウントあたり315円。利用帯域に応じて課金する従来型のリモートアクセスサービスに比べて、コストの削減が可能だという。ユーザーは、「アカウント管理ポータル」を使って端末IDの登録・削除ができるので、リモートアクセスを試行的に利用する場合や小規模拠点での利用など、業務の状況に応じて柔軟な対応ができる。

 一方のPrimeDriveは、同社のストレージサーバーにファイルをアップロードし、インターネットの接続環境があれば、特定の利用者が出張先、取引先、自宅などから手軽にデータ共有が行なえるサービス。PCやスマートフォン、タブレット端末などさまざまなデバイスからアクセス可能で、外出先での資料確認やペーパーレス会議などに活用できる。

「ホワイトクラウド ゲートウェイサービス InternetVPN Access」は、iPhoneやiPadにも対応するリモートアクセスサービスだ

 セキュリティ機能が充実しており、ネットワーク上の盗聴や改ざんの防止、特定のIPアドレスからの接続制限や利用者を限定したアクセスコントロールなどが行なえる。

 料金(税込)は、初期費用が3万1500円で、月額費用が1GBで1万2600円など。

PrimeDriveの料金
初期費用3万1500円
月額費用1GB1万2600円
5GB4万1790円
10GB7万3290円
100GB29万640円
1TB81万5535円

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ