このページの本文へ

ソフトバンクテレコムがエンドツーエンドで一元的に提供

世界500ヶ所対応の「グローバルVPNコネクト(インターネット)」

2011年11月01日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月31日、ソフトバンクテレコムは、日本と世界500カ所以上の都市・地域との間で接続可能な国際インターネットVPNサービス「グローバルVPNコネクト(インターネット)」の提供を開始した。

 グローバルVPNコネクト(インターネット)は、各国でのインターネット接続サービスやVPN機器(ルーター)の調達から、導入、運用保守までをソフトバンクテレコムがエンドツーエンドで一元的に提供する、国際インターネットVPNサービス。海外でのネットワーク構築に係る煩雑な業務負荷が軽減できるほか、海外拠点のネットワークのコストや品質、リソースを日本で一括管理できるので、業務効率の向上が図れるという。

 障害などの問い合わせには、ソフトバンクテレコムのオペレーションセンターが24時間365日対応する。また、インターネット回線を含めた保守サービスも拠点ごとに提供し、IT部門の運用負担を大幅に軽減するとしている。

 価格は、日本~タイ間で接続する場合、日本側のアクセス回線が100Mbpsベストエフォート/タイ側のアクセス回線がADSL(2Mbps/512kbps)で、月額12万6000円からなど。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ