このページの本文へ

オプションでバックアップサービスも用意

ソフトバンクテレコム、1TBで月額7万円のストレージサービス

2011年05月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月19日、ソフトバンクテレコムはデータストレージサービス「ホワイトクラウド シェアードHaaS データストレージ」の提供開始を発表した。

他のサービスと連携できる「ホワイトクラウド シェアードHaaS データストレージ」の仕組み

 これは企業向けクラウドサービス「ホワイトクラウド」の新メニューで、同社のデータセンター内で仮想サーバーを利用する「ホワイトクラウド シェアードHaaS プレミアム」やコロケーションサービスとの接続が可能。分散したデータを本サービスに集約することで、運用の負担を軽減できるという。

 初期費用は10万5000円(税込、以下同)で、基本の月額料金は7万3500円。これで1TBのストレージが利用可能で、追加容量は100GBあたり7350円となる。基本サービスには、稼働中のストレージの一時点のデータを抜き出す「スナップショット」が含まれる。また、オプションサービスとして、データを別途保管する「バックアップ」も用意される。こちらの料金は初期費用が5万2500円、月額基本料金は5万2500円(1TBまで)。1TB以上は、100GBあたり月額5250円となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ