このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第112回

2012年のインテルチップセットはPCIe 3.0&USB 3.0

2011年08月01日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は連載92回で説明したインテルチップセットのアップデートについて、次世代チップセットとなる「Intel 7」世代の詳細が見えてきたので紹介したい。

Z68の登場で、
今後はPシリーズチップセットは消える?

インテルチップセットの2012年までのロードマップ

 まずは92回の訂正から。すでに出荷されている「Intel Z68 Express」だが、前回は「(オーバークロック向けに)独立したクロックを供給できるようになるのでは?」と予測したが、残念ながらそういう話はなく、やはり単一クロックでの供給のままであった。

Intel Z68 Expressチップセットのイメージ写真

 したがって表面的にみると、「Intel P67 ExpressにFDIを追加し、内蔵GPUのビデオ出力が可能になった≒Z68」になるわけだ。独立クロック供給の代わりというわけではないのだろうが、新しく搭載された機能が「Intel Smart Response Technology」(ISRT)。SSDをHDDのキャッシュとして利用できるというものだ(関連記事)。

 またP67同様に、PCI Express 2.0 x16のGPU用レーンを、x8レーンを2本に構成することも可能だ。これはIntel H67 Expressには不可能だった。またLucidLogix社が提供するマルチGPU切替ソフト「Virtu」も利用可能となっている。このVirtu自身は本来、Z68とは無関係の技術である。だが、独立GPUを使いながらSandy Bridge内蔵GPUの「Media Engine」を利用可能にするツールとして、インテル自身が自社のウェブサイトで公開しているほどだから、Z68とは無縁とも言いにくい。

 Z68の存在が何を意味しているかというと、従来は「Pxx」が独立GPU対応のメインストリーム~ハイパフォーマンス向けで、「Hxx」が内蔵GPU併用のメインストリーム向けという製品ラインナップが崩れたことだ。新たに「Zxx」が登場したことで、これがPを置き換える。それが明確になったのが、続くIntel 7シリーズチップセットである。

Intel 7シリーズは2012年初頭に
3~4ラインナップが発表?

 では、本題であるIntel 7シリーズについて説明しよう。おそらく2012年1月に開催されるInternational CES 2012でのタイミングで、次世代CPU「Ivy Bridge」と一緒に、「Intel Z77」「Intel Z75」「Intel H77」の3製品と、場合によっては「Intel Q77」も一緒に発表されることになるだろう。7シリーズの6シリーズに対する改良点としては、以下のものが挙げられる。

  • Ivy Bridge対応。Sandy Bridgeにも対応すると見られる。
  • USB 3.0ポートをネイティブでサポート(全14ポート中、USB 3.0対応は4で残り10USB 2.0対応)。
  • 全製品がFDI(Flexible Display Interface)をサポート。3画面の独立出力も可能。

 なお、Ivy Bridge世代はPCI Express 3.0(Gen3)をサポートすることになっているが、これはCPUから直接出てくるPCI Express x16レーンの話。CPUとチップセットを結ぶインターフェース「DMI」は、引き続きPCI Express 2.0相当の5GT/秒での接続となるため、チップセットそのものは2.0対応となる。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン