このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2011レポ 第30回

Sandy Bridge-E対応のLGA 2011マザーを一覧でチェック

2011年06月08日 12時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TWTCN/南港展覧館のインテルブース内には、開発コードネーム“Sandy Bridge-E”で採用予定とされる「LGA 2011」ソケットを備える各社のマザーボードが一堂に展示されていた。発売は当分先ながら、「Intel X79 Express」を搭載するマザーボードの数々を一足早くチェックしておこう。

開発コードネーム“Sandy Bridge-E”で採用予定とされる「LGA 2011」ソケット。2本のDIMMスロットがソケットを挟み込むのが「LGA 2011」の特徴。一部の製品ではチップセットもむき出しだったので撮影。ES(開発用サンプル)の文字が確認できる

「X79 Extreme4」

ASRock「X79 Extreme4」

「Danshui Bay」

ASUSTeKの「LGA 2011」+「LGA 1366」の「Danshui Bay」

「CIX79 Deluxe」

ASUSTeK「CIX79 Deluxe」

「CIX79 EVO」

ASUSTeK「CIX79 EVO」

「CIX79 PRO」

ASUSTeK「CIX79 PRO」

「CIX79 PLUS」

ASUSTeK「CIX79 PLUS」

「CIX79」

ASUSTeK「CIX79」

「X79R-A」

ECS「X79R-A」

「GA-X79A-UD3」

GIGABYTE「GA-X79A-UD3」

「X79A-GD80」

MSI「X79A-GD80」

「X79A-GD70」

MSI「X79A-GD70」

「X79A-GD65」

MSI「X79A-GD65」

「PB-CI7X79N」

SAPPHIRE「PB-CI7X79N」


【取材協力】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中