このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ハンゲームのNHNの本社はリフレッシュ施設がマジ凄かった!

2011年07月23日 00時00分更新

文● 太田 渉/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ではオンラインゲームコミュニティーサイト「ハンゲーム」として、またライブドアを傘下に収めることなどで知られるNHN Japan。そのNHN本社は韓国最大手のインターネットサービス会社であるが、今回その本社オフィスの見学に加え、事業戦略などについて話をうかがう機会が設けられた。

 NHN本社の所在地は、首都であるソウルの南部に位置する盆唐区というエリア。1989年に韓国政府のニュータウン開発計画により、開かれた地域だけあって、街並みはどれも先進的な建物が多い。

27階建てのNHN本社。この日は日差しが眩しい晴天。雲が外壁のガラスに映り込んでおり、“greenfactory”の名に恥じない社屋だった

 そんな場所に位置するNHN本社内部を21日に見学した。普段見る機会がない先端企業のフロアをフォトレポートでお届けしよう。

エントランスには壁に映しだした粋な時計入り口から右に進むと図書室がある。2万冊を誇るこの図書館は、一般の人も自由に利用が可能になっている
エントランスと同じく一般開放されている2Fでは、日本で正式サービスが待ち望まれている「TERA」のキャラクター投票が行なわれていた! 日本で大人気のロリキャラ「エリン」が本国では1番人気ではないようだ
NHNオフィシャルグッズを販売するコーナーも。一番の売り上げは、主に賭け事に使用されるチップ

これ、うちの会社にも置けませんかね……?
1フロアまるまるカフェなリフレッシュスペース

 4Fにあるリフレッシュ施設。フロア全体がカフェをイメージした作りになっているのが特徴で、最新のスマートフォンやタブレットを触れるコーナーも用意されている。

エレベーターを降りたところから、石畳の床とヒノキを使用した外壁となっているリフレッシュスペース
施設内にはファミリーマートが営業している。簡単な飲食類からPC周辺機器まで販売されている
ちなみにゴミ箱も公園にあるようなデザイン。社内であることを忘れさせるのに一役買っている
こちらは1日に2500杯も消費されるというコーヒーの販売所消費されたコーヒーの粉は、消臭剤などに利用できるように自由に持ち帰れる。部屋の匂いを気にする人には地味に嬉しいサービスだろう
カフェで使用するマグカップは1人1人に用意されている。その場で洗えるように流し場も設置されている
最新のスマートフォンやタブレットが触れるコーナーも用意柔軟な発想を養えるようにか、ブロックで遊べるコーナーも
4Fには屋外スペースも用意。ちなみに角に社内唯一の喫煙所もささやかながら設置されている。どの国も喫煙者は肩身が狭いものだ
エコな試みはこちらの椅子にもある。この椅子はペットボトル再利用したものだ。日本も見習うべきところだろう

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ