このページの本文へ

NHN Japanが“Hangame ex 2010”で新戦略を発表!

2010年07月28日 21時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月26日にNHN Japanの戦略発表会“Hangame ex 2010”が都内で開催された。NHN Japan代表取締役社長の森川亮氏より、NHN Japanのグループ事業戦略や、同社の主力オンラインゲームポータルサイト「ハンゲーム」の今後の戦略などの発表があった。

関連・協力企業や報道関係者以外にもブロガーも招かれて行なわれた「Hangame ex 2010」「ハンゲーム」の今後の戦略を中心に発表するNHN Japan代表取締役社長の森川亮氏

NHN Japanグループ戦略

 森川氏は、まず4月にNHN Japanグループに加わった「ライブドア」と、NHN Japanが提供してきた、ポータルオンライゲームコミュニティ「ハンゲーム」、検索サービス「NAVER」の3つを中核とした総合インタネット企業を目指して成長していきたいと抱負を語った。
 続いて、中核となる3つのサービスの月間ページビューとユニークビジター数を挙げたうえで、同氏は「Yahoo!やGoogle、楽天といったトップグループに迫るメディアパワーを持つところまで成長してきており、それら3つのサービスが相互に連携したことで生じる相乗効果で日本のインターネット産業を変えたい」とし、NHN Japanの持つビジョンとして、「強いコンテンツ制作・企画力を持つ日本最良のインターネット企業を目指す」と語った。
 日本最良のインターネットを企業を目指すための具体的な案として、NAVERにおけるTwitterの発言や、ブログの話題を検索できるトピック検索、ライブドアのブログを雑誌のようにスクラップしたブログメディアの提供といった、リアルタイム性を高いサービス提供を行なっていくとした。そして、ハンゲームにおけるリアルタイム性の高いサービスに付いては、第2部のハンゲームの今後の戦略なかで発表するとして第1部が終了した。

NHN Japanが提供する3つのサービスの合算した月間ユニークユーザー数は、4000万以上となる3つのサービスのユーザーが相互にコミュニケーションすることで、トップグループに迫るメディアパワーを持つとのこと
森川社長は、今後の戦略のなかで“リアルタイム”性の高いサービスを提供することにより、より大きな成長を遂げられるとした

ハンゲームの新モバイルサービス「リアゲー」とは?

 第2部の冒頭、ハンゲームはゲームをしながらチャットなどを通じてリアルタイムサービスをPCユーザーに提供してきたが、モバイルコンテンツにおけるリアルタイム性の高いサービスの提供については悩んできたと語った森川氏は、モバイル向けの新サービス「リアゲー」を発表した。
 リアゲーは、時間、場所、現象によって演出されるリアルタイムゲームのことで、リアルタイムの現象を楽しめば楽しむほど利用者にクーポン券などの、現実の世界で得するサービスが提供されるというもの。

ハンゲームの提供する”リアゲー”では、場所や時間、天候などといった現象に加えて、サービスを受けるユーザーにゲームを楽しむ以上のリアルベネフィットの提供を行なっていくとのことだ
「不思議な生き物 ねんどん」では、天候によって成長が促進されるといったことが予定されている9月リリース予定の「トライフルストーリー」では、昼間はPCプレイヤーの勇者軍が強くなり、夜は携帯プレイヤーの魔王軍が強くなるといった時間要素によるゲームバランスの変更が予定されている
リアゲーの機能を使ってコレクションカードや電子クーポンが手に入る「イマコレ」。発表会の段階で、参加が決まっている企業は右の写真の通り

ハンゲームのオープン化!

 リアゲーに続いて、ハンゲームのオープン化もこの日発表された。オープン化することにより、PC、携帯電話、スマートフォンのサービスが、1つのID、キャラクター、決済方法で遊べるようになる。この試みは世界初とのこと。
 オープン化は初期段階ではハンゲームのみとなっているが、年内にライブドア上でもハンゲームと連携して、他社にはない集客性の高いプラットフォームを提供する予定と発表した。さらに、開発会社に向けて、ライブドアと協業することで月額1万円からという低価格でインフラサービスの提供を実施していくとのこと。
 また、ゲームを開発環境として来年早々に「GameOVEN」という開発ツールの提供を行なうことなども発表した。
 開発プラットフォームの提供にあたり森川氏は「サービスを提供する会社が、プレイヤーを集めることに注力するゆえに、開発会社と共存共栄が出来ていないという不満の声を聞いている。我々だけが生き残るのではなく、開発会社と共存共栄していくことでこの市場をさらに拡大したい。そして、ただ数を追いかけるのではなく、本当に面白いゲーム、本当に意味のあるゲームを利用者に提供していきたい」と語った。 

Android版「ハンゲーム」は発表が行なわれた7月26日からサービスインしており、iPhone版も近日中にサービスイン予定とのこと会場には、Android版の試遊機が設置されていた
1つのIDでPC、携帯電話、スマートフォンを利用出来るプラットフォームの提供やNHN Japanグループの3つのサービスの相互利用が可能になることで、これまでにない大きな集客力が得られるとのこと
開発環境支援として挙げられたコストダウン、スピードアップ、マネタイズの3つのポイントはこちら賛同したパートナー企業は現在70社とのこと
スペシャルゲストとして登場した女優の加藤夏希さん。この日は彼女の誕生日ということもあり、森川社長から加藤さんにバースデーケーキがプレゼントされた

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ