このページの本文へ

8本もの新作タイトルがお披露目!「HANGAME EX2011」開催

2011年05月13日 23時59分更新

文● 太田 渉/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 韓国NHNとNHN Japanは13日、韓国済州島にプレス関係者を招いて新作オンラインゲームカンファレンス「HANGAME EX2011」を共同開催。日本および韓国のポータルサイト「ハンゲーム」で、今後サービスを予定している期待の大型オンラインゲーム8タイトルを発表した。

「HANGAME EX2011」が済州島で開催
新作オンラインゲームカンファレンス「HANGAME EX2011」が済州島で開催! 気温は摂氏20℃と過ごしやすく素晴らしい陽気だ

 発表会では、日本と韓国で合わせて8本の新オンラインゲームタイトルの発表が予定されているが、初日のカンファレンスでは韓国ハンゲームからリリースが予定されている6タイトルが紹介された。残りの2タイトルは、14日に開催されるレセプションで日本ハンゲームとして紹介されるとのこと。

 今回は日韓共同開催ということもあり、韓国ハンゲーム代表の鄭旭氏と、NHN JAPAN 社長の森川 亮氏が登壇。開催の挨拶を行なった。

韓国ハンゲーム代表の鄭旭氏 韓国ハンゲーム代表の鄭旭氏

 鄭旭氏は、「今年はRPGとスポーツゲームに集中して事業を進めていきたい」と語り、「パブリッシング事業は、ゲームが楽しくなければなりません。開発業者は開発のみに集中できるように支援を惜しまない予定です」と、開発業者に激励を言葉を送った。

NHN Japan社長の森川 亮氏 NHN Japan社長の森川 亮氏

 森川氏は、「パブリッシング事業は2005年から本格的に開始しました。当初は『ゲーム、わかるんですか?』と言われることも多く、悔しい思いをした。『アラド戦記』などの成功を踏まえ、『TERA』をサービスする。今後は韓国と日本の両方でパブリッシングできるタイトルを重要視し、アクションRPG、MMORPG、FPSの分野を強化していきたい」と、意気込みを述べた。

今後は日韓双方でパブリッシングできるタイトルを重要視する
今後は日韓双方でパブリッシングできるタイトルを重要視するという森川氏

 発表されたオンラインゲームは、MMORPG「PROJECT R1」、格闘RPG「Fighters Club(ファイターズクラブ)」、MMORPG「ACHERON(アケロン)」、スポーツゲーム「Professional Baseball The Fan(プロ野球ザ・ファン)」、アクションRPG「KRITIKA(クリティカ)」、MMORPG「EOS(Echo of Soul)」の6タイトル。
 残りのアクションRPG「Kingdom Under Fire 2(キングダムアンダーファイア)」、FPS「スペシャルフォース2」は、14日の日本向けカンファレンスにて発表される予定だ。

韓国・日本でサービスを予定している5タイトル

「Fighters Club(ファイターズクラブ)」

Fighters Club
ジャンル
格闘RPG
開発会社
KOG
サービス時期
韓国2011年予定(第3四半期にCBT予定)
日本未定

「Professional Baseball The Fan(プロ野球ザ・ファン)」

Professional Baseball The Fan
ジャンル
スポーツ
開発会社
Wisecat
サービス時期
韓国2012年予定
日本未定

「ACHERON(アケロン)」

ACHERON
ジャンル
MMORPG
開発会社
Barunson Games
サービス時期
韓国2012年予定
日本未定

「Project R1」

Project R1
ジャンル
MMORPG
開発会社
IMC ゲームズ
サービス時期
韓国未定
日本未定

「EOS(Echo of Soul)」

EOS
ジャンル
MMORPG
開発会社
NVIUS
サービス時期
韓国未定(2012年第1四半期にCBT予定)
日本未定

韓国のみサービスを予定している1タイトル

「KRITIKA(クリティカ)」

EOS
ジャンル
アクションRPG
開発会社
ALLM
サービス時期
韓国2012年予定(2011年下半期にCBT、2012年上半期OBT予定)

日本でサービスを予定している2タイトル

スペシャルフォース2

スペシャルフォース2
ジャンル
FPS
開発会社
ドラゴンフライ
サービス時期
日本未定

Kingdom Under Fire 2(キングダムアンダーファイア)

Kingdom Under Fire 2
ジャンル
アクション
開発会社
BLUESIDE
サービス時期
日本未定

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ