このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2011レポ 第26回

日本発売はいつ? Noctuaの新型CPUクーラーに期待!

2011年06月07日 12時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ふらりと立ち寄ったNoctuaブースには、今年も“冷えそう”なCPUクーラーをいくつか発見することができた。国内販売を心待ちにしつつ、まずは紹介しておきたい。

120mmファン2基仕様となるトップフロータイプのCPUクーラー「Top-of-the-Range Downdraft Cooler」。残念ながらプロトタイプであるものの、「NH-D14」よりも表面積が20%向上されており、冷却性能には期待が持てる

「NH-D14」の改良モデルという「New 140mm D-Type Cooler」。それだけでも冷えそうなイメージだが、ヒートシンク部にさらに改良を加えたと言う

3ピース構成のヒートシンクと120mmファンを2基組み合わせたサイドフロータイプのCPUクーラー「Top-of-the-Range Triple Stack Cooler」

全高91mmでLow-Profile仕様をうたう新型モデル。トップのファンを外して1基構成で利用するほうが現実的なような気もするが、いずれにせよ発売まで待ちたい

今後はCPUクーラーにも積極的に採用するという新型ファン「Focused Flow Fan」。静音性と直線的なエアフローの両立を目指したモデルとなる


【取材協力】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中