このページの本文へ

ASUSTeK製のTegra 2&Android3.0搭載タブレットが発売に

2011年05月13日 14時00分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ASUS製最新タブレットが日本上陸!

 モバイル用の高性能デュアルコアプロセッサで定評のあるNVIDIA「Tegra 2」を採用したタブレット端末「EeePad Transformer」がaPad専門店に入荷、店頭販売が始まっている。製品は並行輸入版。

「EeePad Transformer」
高性能デュアルコアCPU「NVIDIA Tegra 2」を採用した新型タブレット「EeePad Transformer」。Android 3.0を採用していてユーザーインターフェースも一新されている

 EeePad Transformerは、Tegra 2やAndroid 3.0といった最新スペックを採用したタブレット端末。メインメモリーを1GB、内蔵ストレージに16GBのフラッシュメモリを搭載。液晶ディスプレーには、マルチタッチに対応した静電容量式の10.1型(1280×800)IPS液晶パネルを採用する。タブレットは横になったり壁に立てかけたりと、さまざまなシチュエーションで画面を見ることが多いため、広視野角の液晶パネルは非常に重宝するはずだ。

 そのほか主なスペックは、無線LAN(IEEE802.11 b/a/n)、Bluetoothの通信機能に加え、ディスプレー側に120万画素のカメラ、背面側に500万画素のカメラを搭載。サイズは幅271×奥行き12.98×高さ171mmで、バッテリー駆動時間は約9.5時間となる。価格は6万5000円。

待ち受け
待ち受け画面を表示したところ。重力センサーで縦横を感知する。縦にすると、それに合わせて画面も回転する仕組みだ

 なお、別売りのドッキングステーション「Mobile Docking」を取り付けることにより、本製品をノートPCスタイルで使用する事もできる。これはキーボード兼バッテリーの一体型スタンドで、フルキーボードとスタンドを合体させたような製品だ。同店ではEeePad Transformer本体とのセット販売の予約も行なっており、Mobile Dockingとのセットモデルは8万5000円。納期は2~3週間となる。

左 miniHDMI 専用端子
左側面に電源ボタンと音量調節ボタンを装備最大32GBまで対応したmicroSDカードリーダーとminiHDMI端子。1080pの外部出力が可能なので、液晶モニタに出力させて動画鑑賞なんてこともできたりする少々見にくいが、別売りのドッキングステーション「Mobile Docking」を接続するための専用端子

【取材協力】

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン