このページの本文へ

2万円以下で買えるIPS液晶搭載Android 4.0タブレット

2012年01月26日 11時31分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高画質なIPS液晶パネルを採用するAndroid 4.0搭載タブレット「D90W」が東映無線ラジオデパート店に入荷した。メーカーは中国のICOOで、価格は1万9800円と同様の製品としては破格だ。

IPS液晶を採用しながらも2万円を切るという価格で登場した「D90W」。メーカーは中国のICOO

 D90Wは10点マルチタッチ対応の静電容量式9.7型IPS液晶パネル(1024×768ドット)を採用したAndroid 4.0搭載タブレット。IPS液晶を採用しながら2万円を切る価格が特徴で、同様のモデルとしては以前紹介した「Window N90」の2万3800円をさらに割り込む形で安値を更新した格好だ。

 これについて、同店ショップスタッフによると「近々モデルチェンジを予定している某大手メーカーの現行部材が流れているのではないか」とのこと。真相はどうあれ、美麗な高画質タブレットが低価格で手に入るのはうれしいところだ。

 また重量は9.7型のタブレットとしてはかなり軽めの575g。一般的な8型タブレットに匹敵する軽量さで、大型ながら片手でも非常に扱いやすい端末となっている。さらに搭載OSはメーカー公式のダウングレードファームでAndroid 2.3にダウングレード可能。スタッフいわく「まだまだアプリの互換性などに問題が残る」とされる最新のAndroid 4.0を避けて従来のバージョンを使用できるため、初心者にも使いやすそうである。

画面は非常に鮮明で、ブラウジングや動画再生に最適。背面パネルは高級感のあるガンメタリック仕様だ

本体側面には充電用のUSBコネクターやHDMI出力端子、電源ボタンなどが並ぶ

 主なスペックとして、CPUにAllwinner A10 Cortex-A8 1GHzを採用し、1GB(DDR3)のメインメモリーと、ストレージ用に16GBのフラッシュメモリーを搭載する。外部ストレージとしては最大32GBのmicroSDカードに対応する。

 本体サイズは幅243×奥行き190×高さ12.6mmで、重量は約575g。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応し、フロントに130万画素、リアに200万画素のカメラを搭載する。東映無線ラジオデパート店にて販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン