このページの本文へ

すべて見せます!! 「iPad 2」を全力チェック! 第4回

「iPad」「iPad 2」徹底比較! どこが変わった速くなった?

2011年05月13日 17時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一般的な操作に速度の違いはあるか?

 また、細々とした一般的な操作における違いも動画に収めてみたので確認していこう。まずはロックの解除。意外かもしれないが、ロック解除でもその速度に違いがあった。iPad 2の場合は「Smart Cover」(風呂蓋)による解除もあるため、開いたらすぐに起動できるようにしたということだろうか。

(ほぼ)同時に初代iPadとiPad 2のホームボタンを押して、ロックを解除してみたところ。一瞬の間だが、iPad 2のほうが速くロック解除された

 フリック操作については、体感だと「気持ち速くなった?」という程度だった。その様子も録画してみたが、決定的な違いはナシ。検索画面でのキーボード表示もややiPad 2が速いという結果になった。

ホーム画面でのフリックによる比較。劇的な違いはなかった

ウェブブラウジングをチェック

 多くのユーザーが多用するであろう、ウェブブラウジングもチェックだ。Googleで「アスキー」を検索し、ASCII.jpのトップページが表示し終えるまでの比較を行なった。レンダリング速度はGoogleの表示段階で感じることができる。これは動画を見てもらうと一目瞭然だろう。

Googleで「アスキー」を検索し、ASCII.jpのトップページが表示し終えるまでの比較。当然ながら、iPad 2の表示が圧倒的に速い。スクロールについてはあまり変わりないといった印象
Twitterのウェブページ(ログイン後)は、ミニノートや低スペックPCで閲覧すると何気に重く、初代iPadとiPad 2でも差が明確になった。実際には、初代iPadではメモリー不足で開ききらないことが多々あったのだが、iPad 2では今のところそのようなことはない

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中