このページの本文へ

国内Webサイトの99%以上が利用可能!

ベリサイン、WAFサービス「Scutum」を100Mbps対応に

2011年04月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月12日、日本ベリサインはSaaS型Webアプリケーションファイアウォール(WAF)サービス「Scutum(スキュータム)」の上限トラフィックを100Mbpsに引き上げた新メニューを開始した。

Scutum」は自社に設備を入れることなく利用できるWAFだ

 Scutumは、セキュアスカイ・テクノロジー(SST)が提供するサービスで、日本ベリサインが代理店として販売している。これまではトラフィックの上限が10Mbpsとなっており、対応トラフィックの上限を超えてしまうケースが見受けられたという。そこで追加したのが、

ピーク時で帯域が10Mbps以上50Mbps未満のトラフィック
初期料金:20万7900円、利用料金年額:177万1560円
ピーク時で帯域が50Mbps以上100Mbps未満のトラフィック
初期料金:20万7900円、利用料金年額:237万60円

というメニューだ(価格は全て税込)。これにより、国内Webサイトの99%以上が利用可能になったという。

 加えて、攻撃の傾向を月次で報告するオプションサービスも開始する。ユーザーからの要望が多かったサービスで、Scutum管理画面のブロックの履歴だけでなく、傾向の変化を捉えることが可能になるという。価格は、年額25万2000円(同)。

カテゴリートップへ

ピックアップ