このページの本文へ

WAFサービス「Scutum」導入時のアクセス集中を軽減

レスポンス低下防止!セキュアスカイがSaaS型WAFにCDN

2012年10月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月24日、セキュアスカイ・テクノロジーはWAFサービス「Scutum(スキュータム)」にて、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)オプションサービス機能の追加提供を開始したと発表した。

CDNオプションサービスの動作イメージ

 ScutumはSaaS型のWAFサービスで、「簡単に導入できる」「ユーザー側に機器を持つ必要がない」などのメリットがある。一方、Webサイトにアクセスするすべての通信がScutumを経由するため、レスポンスの低下が発生する懸念があった。今回のCDNサービスは、この懸念を払拭し、Webサイトのパフォーマンスを向上させる機能を有するものだという。

 Scutumで実装するCDNオプションサービスはアカマイのバックボーンを採用。日本国内のみならず、全世界にあるエッジサーバーを利用する。Webサイトのユーザーがより近いエッジサーバーから画像やPDFなどのデータサイズが大きいファイル(静的コンテンツ)を取得するため、Webサイト閲覧をスムーズにするという。

 CDNオプションサービスの費用は無料で、利用可能な転送量は100GB/月となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ