このページの本文へ

2Uで、4コア/スレッドに対応

SPARC64 VII+でパワーアップ!SPARC Enterprise M3000

2011年04月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月12日、富士通と米オラクルコーポレーションは新プロセッサ「SPARC64 VII+」搭載のUNIXサーバー「SPARC Enterprise M3000」を発表した。

2U筐体の新サーバー「SPARC Enterprise M3000」

 SPARC64 VII+は、最大クロック周波数が2.86GHzとなり、コア単体の性能が従来の「SPARC64 VII」より最大20%向上したプロセッサ。SPARC Enterprise M3000は、2Uの筐体に、最大コア数4/スレッド数8の本CPUを1つ搭載する。

 最大メモリは64GBで、最大ディスク容量は2.4TB。OSである「Oracle Solaris」との組み合わせにより、優れたセキュリティと仮想化機能、そして富士通、オラクルそれぞれのアプリケーションをはじめとした、さまざまなアプリケーションに最適な性能を提供する。加えて、

  1. 電源やファン、HDDの冗長化とホットスワップ
  2. Oracle SolarisのZFS
  3. 予測的セルフヒーリング

などにより、24時間365日の稼働に求められるミッションクリティカルレベルの高信頼性を実現しているという。

 価格は、2コアCPU、8GBメモリ、300GB SAS HDD×2の構成で169万5000円より。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ