このページの本文へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 第59回

BDXLでHDDを光学ディスクにバックアップする技

2011年04月05日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

100GB弱のデータを書き込むには
2時間以上もかかる!

 BRP-U6Xは豊富なユーティリティソフトを同梱しており、データの書き込みには付属の「Nero Express Essentials」を利用する。ソフトを起動すると作成するディスクの選択画面が出るので、「ブルーレイデータディスク」をクリックする。その際には左側の詳細画面を開いてドライブを選択する。

 続いて保存したいファイルやフォルダーを登録する。メニューから選ぶだけでなく、エクスプローラーからドラッグ&ドロップで登録できるのは手軽だ。まずは100GBのBD-Rディスクいっぱいに書き込んでみた。とりあえず100GBほど登録したら、ファイル容量のゲージが一部黄色くなった。記録容量オーバーだ。

書き込むディスクタイプを選択する。左端の三角マークをクリックすると詳細画面が開く

下のゲージが書き込むデータ量で、これを目安にファイルを登録する。ここでは91.7GBのファイルを登録した

 CD-RやDVD-Rでも同様だが、容量の計算方法がWindowsと異なるうえ、リードイン・リードアウトといった管理領域を書き込むため、実際に利用できる容量は100GBより小さくなる。95GBほどに減らしてみたが、またもオーバー。オーバーすると再度書き込むデータを登録し直す必要があり、非常に面倒。ファイルの登録画面で残りの容量を正確に表示したうえ、オーバーしたときには警告してほしいところだ。

ディスク名を付けて「書き込み」をクリックする。今回は、「最大転送レートを測定」も有効にしてみた

 4倍速の書き込みの場合、転送レートは最大約18MB/秒になる。これはDVDの12倍速よりも少し速い程度だ。トータルで書き込みにかかった時間は、転送レートのテストを除いても2時間6分もかかった。

キャッシュ、テスト、書き込みの3ステップが完了するまでの時間は2時間22分

BDXL対応ドライブなら、書き込んだファイルは普通に読み込める

デジカメ写真のバックアップに

 BDXLにバックアップするデータは、編集する必要がなく、ずっと保存しておきたいデータを優先しよう。例えばデジタル一眼レフカメラで撮り溜めた写真やスキャン画像をまとめたPDFファイルなどだ。写真はHDDに入れて普段から活用するとしても、現像済みのRAWデータなどは光学メディアに保存しておくといいだろう。そんなデータが100GBを超したら、BDXLにまとめて書き込めばいい。

 なお、付属の動画編集ソフト「DVD MovieWriter 7 BD Version」は、残念なことにBDXLメディアへの保存に対応していない。またNero Express Essentialsでも、AVCHDなどの動画を扱うにはバージョンアップが必要になる。付属ソフトだけで完結しないのは残念だ。

Nero Express Essentialsで動画を読み込もうとしたら、アップグレードが必要とのこと……

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン