このページの本文へ

トヨタ公認アプリでグランプリを目指せ!

トヨタがソーシャルアプリコンテストを開催!

2011年02月03日 18時43分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クルマ離れを打破するアイデアを大募集!

 「若者のクルマ離れ」と呼ばれて久しい。ASCII.jpを読んでいる人は、たくさんの痛車記事を目にしているから、そんなにクルマ離れが進んでいるという実感はないかもしれない。しかし、世間的にはクルマを必要とする人が減ってきているというのだ。といっても、レンタカーなどの需要はあるのだが、要するに自家用車として自分でクルマを買い、維持していく人が減ってきているため、新車も売れないのだという。

クルマ離れは仕方がない。どうやってクルマ好きを増やすかだ! トヨタの新しい試みが始まる!

 昨今の不況で若者は就職しづらいし、就職しても低賃金のまま給料据え置きは当たり前。でも税金はどんどん上がっていく、という負のスパイラルの中、何百万円もするクルマを購入し、毎月駐車場代と保険料、一向に値下がらないガソリン代を支払って、クルマを維持していくのは難しいかもしれない。クルマ業界は窮地に立たされているのだ。

 このままじゃいかん! と、そんな状況を打破すべく立ち上がったのが、世界の巨人「トヨタ」である。

 トヨタマーケティングジャパンは、クルマの楽しさ・面白さを広く若い世代へ伝える活動の一環として「TOYOTA SOCIAL APP AWARD」を2月3日より開催する。

 本アワードは、インターネットやソーシャルアプリなどといった、ITポップカルチャーとの親和性の高い若年層を「日本が世界に誇る創造力をもつ若者」として捉え、その才能から「クルマ関心向上のアイデア」を公募するという企画である。この企画には、aima、GREE、ハンゲーム、mixi、モバゲータウン、Yahoo! JAPANといったプラットフォーム各社が関わっており、トヨタがいかに本気で取り組んでいるのかがわかる。

最近はひとつのきっかけでコンテンツが盛り返すことが多い。クルマ好きになれるソーシャルアプリを大募集!審査員には日本のSNSでは著名な方々を招いている

 このアワードを通じて、若者離れを食い止めるべく、生活者や若年層に近い感覚を持つクリエイターから「クルマの良さや体験機会」などのアイデアを募集し、プロ・アマ・個人・法人を同じ土俵で平等に審査する。優れた企画には賞金も出るというから、これで得た賞金でクルマを買うなんて最高だろう。有望だと判断されたソーシャルアプリに対しては、開発支援することも視野にいれているという。

 作品は2月3日より募集を開始し、優秀作品は2011年5月25日に開催予定の授賞式にて発表される。詳しい応募要項などは公式サイトを参照してほしい。アイデアだけでも受け付けている。

 ASCII.jpからは、若者のクルマ離れを阻止するために“痛車”を提案したいんですけど、どうでしょう、トヨタさん!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン