このページの本文へ

Javaおよび非Javaアプリケーションの処理を最適化

Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2が受注開始

2011年01月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月24日、日本オラクルは、プライベートクラウドインフラの「Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2」の受注を開始すると発表した。

プライベートクラウドインフラの「Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2」を受注開始する

 本製品は、最先端の64ビットのx86プロセッサ、InfiniBandベースのI/Oファブリック、SSDなどを搭載したハードウェアに、「Oracle WebLogic Server」やエンタープライズ向けのJavaを利用したミドルウェア製品や「Oracle Solaris」「Oracle Linux」などのソフトウェアを組み合わせて提供する。

 Oracle Exalogic Elastic Cloudは、すべての「Oracle Fusion Middleware」製品ラインのポートフォリオに最適化され、Oracle LinuxまたはOracle Solaris 11とともにOracle WebLogic Server上で動作するJavaアプリケーションの処理性能を向上。また、「Oracle Database 11g」「Oracle Real Application Clusters」「Oracle Exadata Database Machine」との統合機能を提供するという。

 価格(税抜)は最小構成で4000万円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ