このページの本文へ

「スマートクラウド メール」は最大10GB利用可能!

NTTコムウェア、ポリシー設定可能な企業向けWebメール

2011年01月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月19日、NTTコムウェアはWebメールサービス「スマートクラウド メール」を発表した。携帯電話やスマートフォンからの利用も可能なサービスで、4月よりサービス開始となる。

「スマートクラウド メール」は、ドラッグ&ドロップ操作で利用できるWebメールサービス

 同社では企業向けのクラウドサービス「SmartCloud(スマートクラウド)」を提供しており、スマートクラウド メールは、その新サービスとなる。1アカウントあたりの最大メール容量は10GBで、ドラッグ&ドロップや右クリックでの操作など、従来のメールクライアントと同様の操作性を実現している。

 スパムやウイルスメール対策が標準対応となっているほか、メール監査やメールアーカイブなど、企業のメール運用に求められる機能も用意されている。運用には国内のデータセンターを利用しており、社内ネットワークからの閉域網経由のアクセスも可能となっている。

パスワードの強度、ロックアウトまでパスワード認証失敗回数など、詳細なポリシーの設定が可能となっている

 価格は、メールボックス容量が100MBのベーシックプランが月額450円から。また、容量が10GBまでのアドバンストプランは700円からなど。各プランとも、携帯電話/スマートフォンからのアクセスはオプションとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ