このページの本文へ

NTTコムウェア、情報漏えい対策ソリューションの販売開始

2007年10月12日 17時54分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NTTコムウェアは、10月11日より、「AdminITy」のポリシーチェック機能を利用した情報漏えい対策ソリューション「AdminITy Policy Gate」の販売を開始した。


セキュリティポリシー違反PCからの機密情報へのアクセスを防ぐ


 「AdminITy Policy Gate」は、端末管理のトータルソリューション「AdminITy」のポリシーチェック機能を利用するオプション。Webベースの業務システムに対し、AdminITyがインストールされていないPCや規定のセキュリティーポリシーに違反するPCからのアクセスを拒否し、警告サイトへ誘導させる。

 イントラネット内のアクセスに限らず、インターネット経由のアクセスも制御可能で、自社以外の企業(取引先企業や販売代理店など)とのアクセスが必要な業務システムにも対応する。また、最新のセキュリティ情報を反映したポリシーの自動アップデートが可能で、セキュリティ管理者にとって運用が容易となっている。

 1000ライセンス購入時の参考価格は、AdminITy新規導入の場合1ライセンス3444円から。AdminITyポリシー管理機能をすでに利用の場合は1ライセンス441円から。この他に、ソフトウェアの保守費用やハードウェア/システムの構築費用は別途必要。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ