このページの本文へ

スマートフォンにしてモバイルルーター

イーモバ、今度のPocketWiFiはAndroidスマートフォン!

2010年12月14日 16時30分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマートフォンをモバイルルーターとして販売
ちょっと贅沢な使い方?

 イー・モバイルは、人気のモバイル無線ルーター「Pocket WiFi」シリーズの第2弾として、「Pocket WiFi S(S31HW)」を2011年1月中旬に発売する。

イー・モバイルの主力製品「Pocket WiFi」の新製品は実はスマートフォンだった

 従来のPocket WiFiはデータ専用端末だったが、Pocket WiFi Sは中身はなんとAndroid搭載のスマートフォン! Android OS 2.2で標準対応しているテザリング機能を利用することで、モバイル無線ルーターとして利用できるというわけだ。

イー・モバイルは基本的にデータ端末として販売するというが、見た目にもスマートフォンそのもの

 同社としては「基本的にはデータ端末として販売したい」(エリック・ガン社長)とのこと。日本ではハイエンド端末がより好まれる傾向にあることが、スマートフォンであることを前面に押し出さない主な理由のようだが、スマートフォンとしての機能が何か制限されているわけではない。音声通話はもちろんのこと、ウェブブラウジングやカメラ機能、またAndroidマーケットを通じて、各種アプリケーションを追加することができる。

 ただし他キャリアのスマートフォンと比べると、スペック面ではローエンドクラスのAndroid端末と言える。メインディスプレイは2.8型QVGA液晶(240×340ドット)、カメラは約320万画素CMOS。そのぶんサイズはコンパクトで、約54.8×104×13.5mm。なお、対応通信規格はW-CDMA(1700/2100MHz)、GSM(850/900/1800/1900MHz)で、「SIMロックは完全にかけていない」(同社説明員)とのこと。最大通信速度は下り7.2Mbps/上り5.8Mbpsで、データ通信利用時の連続通信時間は約4時間。

手に収まるコンパクトなサイズが魅力

 端末価格は、契約期間などの縛りがない「ベーシック」の利用時に1万9800円。料金プランは「HTC Aria」リリース時に導入された、データ通信が定額、音声通話が完全従量制の「スマートプラン」「スマートプランライト」(関連記事)のみ適用できる。

 2年契約を前提とする「シンプルにねん」と、1万9560円の長期契約割引が行なわれる「アシスト400」を組み合わせた場合は、完全定額制の「スマートプラン」で月4980円、「スマートプランライト」では月980~5380円となる(端末購入時の頭金240円が別途必要)。

モバイルルーターとしての機能のオンオフはホーム画面のウィジェットから、タッチひとつで可能
ディスプレイがQVGAなので、ウェブブラウジングなどには少々厳しいモノがあるが、画面解像度が低い分、操作感は悪くなく、安価でかつシンプルなスマートフォンとして貴重な存在になりそうだ

  Pocket WiFi S(S31HW) HTC Aria(S31HT)
メーカー ファーウェイ HTC
ディスプレイ 2.8型液晶 3.2型液晶
画面解像度 240×320ドット 320×240ドット
サイズ 約54.8×104×13.5mm 約57.7×103.8×11.7mm
重量 約105g 約115g
OS Android OS 2.2
最大通信速度 下り7.2Mbps/上り5.8Mbps
カメラ画素数 約320万画素CMOS 約500万画素CMOS
バッテリ容量 1200mAh
カラバリ ブラック ブラック
発売時期 2011年1月中旬 発売中


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン