このページの本文へ

速くて軽いソニー「α55」の撮影画質をチェック!

2010年10月04日 12時00分更新

文● 荻窪 圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電子水準器が便利! α55の「スイングパノラマ」

 カメラを振ることでパノラマ写真が撮れる「スイングパノラマ」は、サイバーショットやNEXでお馴染みの機能だが、α55が優れているのは「電子水準器」を持っていること。スイングパノラマの撮影中は前後左右どちらも水平に保ったまま撮るのがコツだが、水準器を目安にすれば手持ちでも精度が高い撮影が可能なのだ。これは素晴らしい。

 EVFを覗いて腰から上を回す感じで撮ると安定して撮影できる。以下はどちらも手持ちでの撮影だ。

横方向ワイド

横方向にスイング(ワイド)

横方向ワイド

縦方向にスイング(ワイド)


写真の仕上がりを調整できる「クリエイティブスタイル」

 コントラストや彩度、シャープネスなどを調整して好みの写真に仕上げられる「クリエイティブスタイル」機能は6種類のモード(以下にサンプル掲載)を利用できる。動画にも適応できる。

スタンダード

スタンダード

ビビッド

ビビッド

ポートレート

ポートレート

ランドスケープ

ランドスケープ

サンセット

サンセット

白黒

白黒


α55だからこその動画撮影機能

 HD動画もα55の特徴だ。MP4だと1440×1080ドット、AVCHDだと1980×1080ドットで撮影できる。撮影中もAFは追従するし、撮影中の露出補正も可能だ。

 この動画撮影機能、α33(とNEX-5)とα55で大きく違う。α33はHD動画撮影時はかなり画角が狭くなってしまうが(上下左右ともトリミングされる)、α55だと左右の画角は静止画時と少ししか変わらない。搭載したCMOSセンサーの仕様の違いに起因するもので、広角系の動画を撮りたい人はα55を選ぶべきである。




カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン