このページの本文へ

マイクロソフト、「Office for Mac 2011」の参考価格を発表

2010年09月29日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは、Mac OS X向けオフィススイート新製品「Microsoft Office for Mac Home and Business 2011」、「Microsoft Office for Mac Home and Student 2011」、「Microsoft Office for Mac Academic 2011」の参考価格を発表した。

「Microsoft Office for Mac Home and Business 2011」「Microsoft Office for Mac Home and Student 2011」「Microsoft Office for Mac Academic 2011」

 Microsoft Office for Mac Home and Business 2011は、1ユーザーで2台までインストール可能な2パック版、1ユーザー/1台の1パック版(発売記念限定パッケージ)をラインナップ。2パック版の参考価格は3万3000円(税別)で、1パック版は2万1000円(税別)となっている。Microsoft Office for Mac Home and Student 2011は、世帯の3ユーザー/3台までのインストールが可能なファミリーパックが1万7000円(税別)、発売記念限定パッケージにあたる1パック版(1ユーザー/1台)が1万3000円(税別)。Microsoft Office for Mac Academic 2011は、1ユーザー/1台のみで1万7000円(税別)。発売はそれぞれ10月27日予定。

製品名 参考価格
(税別)
備考
Microsoft Office for Mac
Home and Business 2011
2パック 3万3000円 1ユーザー/2台
1パック
(発売記念限定パッケージ)
2万1000円 1ユーザー/1台
Microsoft Office for Mac
Home and Student 2011
ファミリーパック 1万7000円 世帯の3ユーザー/3台
1パック
(発売記念限定パッケージ)
1万3000円 1ユーザー/1台
Microsoft Office for Mac
Academic 2011
1万7000円 1ユーザー/1台
エディション Home and Business 2011 Home and Student 2011 Academic 2011
Word for Mac 2011
Excel for Mac 2011
PowerPoint for Mac 2011
Microsoft Outlook for Mac 2011 -
テクニカルサポート 1年(365日) 90日 90日

 Microsoft Office for Mac 2011は、Windows版Officeでおなじみのリボン ユーザーインターフェースを新たに採用(表示/非表示を選択可能)。Home & BusinessおよびAcademicではメールクライアント「Outlook for Mac 2011」を新搭載し、Windows Outlook用データ(PST)も読み込み可能。Spotlight検索に加え、Mac OS X標準のバックアップシステムTime Machineにも対応している。

リボン ユーザーインターフェースを新採用
Home & BusinessおよびAcademicではメールクライアント「Outlook for Mac 2011」を同梱

 Windows版Office 2007/2010と同じOffice Open XMLファイル形式をサポートしたほか、Office Web Apps/Windows Live SkyDriveにも対応したことで、共有/編集などの協業作業をオンラインで行なえるようになった。またVBA(Visual Basic for Application)がバージョン6.5として復活し、高い互換性を実現している。

Windows Live SkyDrive上のデータを取り出せる「Microsoft Document Connection」も含まれているVBA(Visual Basic for Application)がようやく復活

 プロジェクトギャラリーを一新し、オンラインベースのテンプレート ギャラリーを新たに用意した。マイクロソフトが提供する数万点の無料テンプレートをブラウズ/プレビューしながら利用できる。

新たに用意されたテンプレート ギャラリー。オンラインのギャラリーも用意され、日本向けのテンプレートも公開されている

 「PowerPoint for Mac 2011」では、写真/ビデオツールを利用し画像/動画の編集、埋め込みが可能。またPowerPoint for Mac 2011および「Word for Mac 2011」では、レイヤーやオブジェクトの重なりを3D表示するダイナミックソート機能も追加され、図版やドキュメントの重なりを把握しやすくなった。さらに、PowerPointスライドショーをWeb経由でオンライン ブロードキャストできるようになった。「Excel for Mac 2011」では、簡易グラフ表示機能「スパークライン」を使用することで企業/家庭の財務傾向を表現しやすくなっている。

簡易グラフ表示機能「スパークライン」は、セル内に折れ線グラフや棒グラフを表示するもので、全体的な傾向を把握しやすくする
レイヤーやオブジェクトの重なりを3D表示するダイナミックソート機能

 この他、Windows標準搭載フォント「MS ゴシック/明朝」、「メイリオ」に加え、「HG フォント」から10書体バンドルしている。

 なおマイクロソフトは、発売を記念したイベント「Free the ideas. Microsoft Office for Mac 2011 : Special Night」を10月29日開催予定としている(詳細は後日発表)。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中