このページの本文へ

Office for Mac 2011、10月27日発売

2010年08月03日 20時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは、Mac OS X用次期オフィススイート「Office for Mac 2011」を、日本を含む100ヵ国において10月27日より発売すると発表した。「Office for Mac Home and Business 2011」と「Office for Mac Home and Student 2011」の2エディションが用意されている。エディションごとの価格は後日発表予定。

 「Office for Mac Home and Business 2011」は、「Word for Mac」、「PowerPoint for Mac」、「Excel for Mac」、「Outlook for Mac」、「Messenger for Mac」を同梱したエディション。1台のMacにインストールして利用できる「1パック」と、最大2台のMacにインストールできる「2パック」の2種類のパッケージが発売される。

 「Office for Mac Home and Student 2011」は、「Word for Mac」、「PowerPoint for Mac」、「Excel for Mac」、「Messenger for Mac」をまとめたエディション。メールクライアント機能が必要になった場合は、オンラインアップグレード機能を利用し、「Office for Mac Home and Business 2011」にアップグレード可能。1台のMacにインストールして利用できる「1パック」と、最大3台のMacにインストールして利用できる「ファミリー パック」の2種類のパッケージが発売される。

「Office for Mac 2011 優待アップグレードキャンペーン」ページ

 また高等教育機関の学生と教職員を対象に、1ライセンスを提供するアカデミック製品「Microsoft Office for Mac Academic 2011」も別途用意し、こちらは「Word for Mac」、「PowerPoint for Mac」、「Excel for Mac」、「Outlook for Mac」、「Messenger for Mac」が収録される。

 なお8月3日より、アップグレード保証プログラムとして「Office for Mac 2011 優待アップグレード キャンペーン」が開始されている。キャンペーン期間は11月30日までで、申込締切は12月31日(当日消印有効)。キャンペーン内容は、期間中に「Office 2008 for Mac」シリーズ対象製品を購入したユーザーに対し、優待価格3000円で「Office for Mac 2011」パッケージが提供されるというもの。詳細は、同キャンペーンページを参照してほしい。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中