このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

50Dから大幅機能アップ!

バリアングルモニター搭載!キヤノン「EOS 60D」登場

2010年08月26日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「EOS 60D」。本体サイズは幅144.5×奥行き78.6×高さ105.8mm、重量は約675g。50Dとサイズはあまり変わっていないが重量は150gほど軽くなった
「EOS 60D」。本体サイズは幅144.5×奥行き78.6×高さ105.8mm、重量は約675g。50Dとサイズはあまり変わっていないが重量は150gほど軽くなった

 キヤノンから、ミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」が9月下旬に発売される。予想実売価格はボディのみで13万円前後となる。

 「EOS 50D」の後継となる60Dは、EOSでは初めてバリアングル液晶モニターを搭載。同社「PowerShot G11」と同じ横開きタイプで、様々な角度で画面の確認が可能になった。

液晶モニターは横に開く。さらに水平方向にも回転するので自分撮りもできそう
本体背面。右寄りのサブ電子ダイヤルの中央部分に8方向の十字キーを配置。あまり指を動かすことなく両方の操作が可能だ 本体上部。右側インジケーター表示パネルの上にあるファンクションボタンは、従来の1ボタン2機能から1ボタン1機能の割り当てとなっている。また、モードダイヤルは中央のボタンを押しながら回すように変更された
本体背面。右寄りのサブ電子ダイヤルの中央部分に8方向の十字キーを配置。あまり指を動かすことなく両方の操作が可能だ本体上部。右側インジケーター表示パネルの上にあるファンクションボタンは、従来の1ボタン2機能から1ボタン1機能の割り当てとなっている。また、モードダイヤルは中央のボタンを押しながら回すように変更された

 液晶は3型(104万ドット)で、画面比率が撮影画像と同じ3:2となり、写真をフル画面で表示できるようになった。なお、ライブビュー使用時は撮影画像のアスペクト比(1:1/3:2/4:3/16:9)を変更することも可能だ。

 さらに液晶モニターとファインダー、およびインジケーター表示パネルで確認可能な電子水準器を搭載。±9度の傾きを確認できる。

 撮像素子はAPS-CサイズのCMOSセンサーで、画素数は従来の1510万画素から1800万画素にアップしている。ISO感度も従来は100~3200、拡張で6400、12800に対応していたが、60DではISO 6400まで、拡張で12800に対応する。

 AEは上位機種の「EOS 7D」でも採用されている、63分割「iFCL」測光センサーを搭載。AF測距点は9点で、全点クロス(中央F2.8対応)となる。連写速度は従来の約6.3コマ/秒から約5.3コマ/秒にダウンしている。

 なお、記録メディアは従来のCFカードからSDメモリーカードに変更になっている(SDHC、SDXCに対応)。

HDMIやAV出力端子などを搭載 本体側面のSDカードスロット
HDMIやAV出力端子などを搭載本体側面のSDカードスロット

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン