このページの本文へ

Twitter、大企業の約4割で利用できず

2010年06月01日 18時41分更新

文●小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 大企業の38%でTwitterが閲覧できないことが分かった。広告主などで組織する日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会が6月1日、発表した。

 Web広告研究会の調査によると、企業内のPCからWebへのアクセスは95%の企業が認めている。一方で、フィルタリングソフトなどを使って閲覧できるWebページを制限している企業は62%に上り、大半の企業では企業内のネット利用について何らかの規制を課している実態が浮き彫りになった。

 サービス別の利用制限を見てみると、Twitterは全体で25%、大企業(従業員数5000人以上)で38%が閲覧不可、ニコニコ動画は全体で35%、大企業で57%が閲覧不可だった。Web広告業界ではソーシャルメディアの活用が注目されているが、企業内個人を対象にする場合にはこうした調査結果を踏まえた設計が必要になりそうだ。

調査データ

サービスごとの利用制限の状況。大企業ほど利用できるサービスが少なくなる傾向にある

 調査は、2010年1月21日~2月19日にかけて、日本アドバタイザーズ協会、Web広告研究会加盟社の467社、官公庁102団体を対象に郵送で実施した。調査票の回収数は169社(官公庁19団体を含む)、回収率は30%だった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く