このページの本文へ

NVIDIA TeslaとAMD FireStreamを選択可能

サードウェーブ、Core i3搭載のGPGPUマシン「Fractica i3」

2010年02月24日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月23日、サードウェーブは並列演算処理に特化したGPGPUコンピューティングPC「Fractica(フラクティカ)シリーズ」において、NVIDIAのTeslaとAMD FireStreamの両方に対応する最新機種「Fractica i3」と「同 i3R」の販売を開始した。

4UラックマウントモデルのFractica i3R

 「Fractica i3/i3R」は、1月8日に発売されたばかりのCore i3 530(2.93GHz)を搭載するPCで、GPUカードとして

NVIDIA
GeForce 8400GS(画面表示用)
Tesla C1060(演算用)
AMD
FireStream 9250/9270(画面表示と演算の兼用)×2枚

を選択できる。

タワー筐体を採用する「Fractica i3」

 対応OSはLinuxもしくはWindowsで、最新の「CUDAツールキット」がセットアップされた状態で提供される。CUDAはNVIDAによるGPU開発の統合環境で

  • nvcc C コンパイラ
  • CUDA FT and BLAS ライブラリ for GPU
  • プロファイラー
  • gdbデバッガ for GPU(Linuxのみ)
  • CUDAランタイムドライバ
  • CUDAプログラミングマニュアル

が含まれている。

 価格(税込)は、タワー筐体のFractica i3が7万4000円から、4UラックマウントモデルのFractica i3Rが8万5500円から。どちらも価格にはGPUは含まれておらず、Tesla C1060(4GB)が12万2000円、FireStream 9250(1GB)が12万5000円などとなっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ