このページの本文へ

裏面照射型CMOS+独自画像処理の実力は!?

早くもモデルチェンジしたリコー「CX3」を試す!

2010年02月10日 12時00分更新

文● 小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダイナミックレンジダブルショットモード

「ダイナミックレンジダブルショット」の効果設定 「ダイナミックレンジダブルショット」の効果設定

 新たな機能としては撮影モードに「シーンオート」を搭載。カメラが自動的に撮影シーンを判断してくれるこの機能は初心者向けを意識したものだろう。

 さらに、露出を変えた2枚の画像を連続撮影して合成する「ダイナミックレンジダブルショットモード」も新たに搭載した。センサーのダイナミックレンジを越えた部分のトーンまで露出を変更した2枚の画像を合成し、適切な処理を施してくれる。

 効果のかけ具合(AUTO/微弱/弱/中/強)と、どの領域の輝度を優先するか(ハイライト/シャドー/OFF)を調整できるが、設定が「AUTO」の場合はHDR的な画像を生成することが多いようだ。


ダイナミックレンジダブルショット設定による違い(日中)

AUTO 微弱:ハイライト
AUTO微弱:ハイライト
弱:ハイライト 中:ハイライト
弱:ハイライト中:ハイライト
強:ハイライト 強:ハイライト

ダイナミックレンジダブルショット設定による違い(夜景)

AUTO 微弱:シャドー
AUTO微弱:シャドー
弱:シャドー 中:シャドー
弱:シャドー中:シャドー
強:シャドー 強:シャドー

 上の夜景撮影の「AUTO」の設定時の写り方もHDR的な感じになった。なお、ダイナミックレンジダブルショット設定時、メニューから「+通常撮影」の設定を「ON」にしておくことで通常の画像も同時に記録されるようにできる。

「ダイナミックレンジダブルショット」の「+通常撮影」の項目 「ダイナミックレンジダブルショット」の「+通常撮影」の項目

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン