このページの本文へ

猫撮影専用モードも搭載

リコーも裏面照射CMOSを採用!「CX3」登場

2010年02月03日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リコーから同社コンパクトデジタルカメラのエントリー機最新機種となる「CX3」が発表された。2月19日発売で予想実売価格は4万円台半ばになる見込み。

「CX3」の新色「すみれ」
従来の「ツートン」(左)と「ブラック」(右)も用意する

 CX3では撮像素子に裏面照射型CMOSセンサーを採用する。裏面照射型CMOSセンサーはソニーのデジタルカメラなどに採用されており、配線をセンサー裏側に配置することで受光面積を拡大し、従来のCMOSセンサーよりも感度を向上させている。

 さらにCX3では上位機種「GR DIGITALIII」と同じアルゴリズムのノイズリダクション機能を採用。効果は「弱」「強」に加えて「MAX」という項目を追加。MAXにすると領域に応じてノイズ低減処理を行ない、全体の質感を損なわずに解像感を高められる。

 露出の異なる2枚の撮影画像を合成し、ダイナミックレンジを広げる「ダイナミックレンジダブルショット」も進化。CX3では「ハイライト」や「シャドー」など、ダイナミックレンジを拡大する領域を選択できるようになっている。

 機能面では、被写体にカメラを向けるだけで最適な撮影モードを自動選択する「シーンオートモード」を搭載。また、撮影モードに猫を撮影するための「ペットモード」を新搭載する。猫の顔を認識する「顔認識」を利用できるほか、猫を驚かさないためにフラッシュやAF補助光、操作音をオフにする。

 さらに、撮影時に人物の顔を検出した際に優先的にピントを合わせる「顔優先AF」も新たに搭載した。露出やホワイトバランスなども自動で調整してくれる。なお、人や猫の顔を最大8人(匹)まで検出可能だ。

 そのほか、アスペクト比も従来の4:3、3:2、1:1に加えて16:9での撮影にも対応。動画は従来の「CX2」が最大640×480ドット(30コマ)だったのに対し、CX3は1280×720ドット(30コマ)での撮影が可能となっている。

本体上部(左)と背面(右)。ディスプレーはCX2と変わらず3型(92万ドット)となる

 レンズはCX2と同じく、28-300mm(35mm換算)の光学10.7倍ズームのものを搭載。最大120コマ/秒の超高速連写機能やセンサーシフト式手ブレ補正、電子水準器なども従来通り搭載する。

ツートンモデルに関しては上部パーツの有料交換サービスも用意。ライトグレーの本体に対してブルーやグリーンなど5色の上部パーツを組み合わせられる(宅配受付の場合で5250円)。サービスは7月末までで、各色50個限定となる

 なお、同社ではCX3を発売前に体験できる「CX3 発売前体験セミナー」(2月11日と14日)を開催。その申し込み受付を2月4日から開始する。詳しくは同社ホームページを参照のこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン