このページの本文へ

国産オープンソースの仮想化管理アプリケーションがバージョンアップ

HDE、KVMの管理も可能な新Karesansui登場

2010年01月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月25日、HDEはオープンソースの仮想化環境管理アプリケーション「Karesansui」の新バージョン「1.1」を公開した。

KVMへの対応が加わった「Karesansui 1.1」。名称は、実際にはない環境をあたかもあるかのように見せる仮想化技術を、庭園様式の 枯山水に見立てたのが由来とのこと

 バージョン1.1では、これまでのXenへの対応に加え、新たに「Kernel-based Virtual Machine(KVM)」に対応。また、本ソフトウェアをオンラインで更新する、ソフトウェアアップデート機能が搭載された。

 Karesansuiは、Karesansui Projectが中心となって開発を行ない、HDEが開発/資金面において支援を担当しているプロダクト。ライセンスにはGPL/LGPLを採用しており、無料で公開されている。Karesansui Projectのサイトからダウンロードできる。

カテゴリートップへ

ピックアップ