このページの本文へ

日本PCサービス「JPS-7092」

50音順にひらがなが配列されたユニークキーボードが発売

2009年12月24日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 田舎のおじいちゃん、おばあちゃんには最適!?そうな50音ひらがなキー入力をもつ変わったキーボード「JPS-7092」が日本PCサービスから発売となった。

50音ひらがなキー入力をもつ変わったキーボード「JPS-7092」が日本PCサービスから発売。ローマ字入力にどうしても馴染めないという高齢者などにとっては最適な製品かも

 同製品は、ご覧の通りひらがなが50音順に配列されたキーボード。ローマ字入力にどうしても馴染めないという高齢者などにとっては最適な製品かもしれない。ひらがな入力とローマ字入力はワンタッチっで切り替え可能。通常のキーボードとしても使用可能なので、家族で使うといったことも可能だろう。
 主なスペックは、スイッチ方式がメンブレン、キーピッチが19.05mm、キーストロークが4.0±0.5mm、接続はUSBまたはPS/2で。サイズは444(W)×150(D)×32(H)mm、防滴仕様となる。価格はクレバリー2号店で1万4800円だ。

ひらがな入力とローマ字入力はワンタッチっで切り替え可能。通常のキーボードとしても使用可能なので、家族で使うといったことも可能だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中