このページの本文へ

サイズ「影武者弐」

青/緑LED内蔵の日本語キーボード「影武者弐」が登場

2010年04月15日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キートップ部にブルー/グリーン発光LEDを内蔵したUSB日本語キーボード「影武者弐」(型番:SCKB11-LED-BK)がサイズから発売となった。

「影武者弐」
サイズから発売となったキートップ部にブルー/グリーン発光LEDを内蔵したUSB日本語キーボード「影武者弐」。全面が手触りの良いラバーコーティング仕様となる

 キートップが内蔵LEDにより発光するUSBインターフェイスの日本語キーボード。全面が手触りの良いラバーコーティング仕様となるシックなボディも特徴だ。内蔵LEDは、スイッチでブルーまたはグリーンに切り替え可能。さらにボリュームスイッチでLEDの光量調節および消灯もできる。
 キースイッチはメンブレン式を採用。キーピッチは一般的な19mmで、キーストロークは4±0.5mm、日本語109キーに加えて、Webブラウザの起動やボリューム調整、前後スキップ(次の曲/前の曲に移動)などができるマルチメディアキーも搭載する。サイズは458(W)×180(D)×20(H)mm(各最大部/スタンド使用時はH30mm)で、ケーブル長は約175cm。価格はクレバリー2号店で2780円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2980円となっている。

LED
内蔵LEDは、スイッチでブルーまたはグリーンに切り替え可能だ
光量調節
ボリュームスイッチでLEDの光量調節および消灯も可能となるほか、多彩なマルチメディアキーも用意されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中